ニースのスクーター・ヒーロー

Photo by Sébastien Botella: from Nice Matin

Photo by Sébastien Botella: from Nice Matin

ニースのヒーロー

先日のテロで運転席のテロリストと戦った人がいましたが、
この勇敢な人が一週間後、地元紙等の取材に応じました。
失礼ですが筋肉モリモリ元気一杯の若者でもなく、細身で
<テロリストと殴り合い>などとは一見無縁な紳士です
が・・・。ニースの空港に勤務するごく普通の会社員です。

実はスクーター追跡の模様はドイツのジャーナリストが
一部ビデオに撮影していて、その暗がりで撮った映像
によると倒れたスクーターが巻き込まれた様に見え、
運転手も下敷きになったんだ、と騒がれていました。
私も秘かにあのスクーターの人の安否を気遣っていたの
ですが、この方はあのテロリストと格闘したすごい人と
同一人物だったのです。

テロリストとの格闘

テロリストをぶん殴った左手の腫れが取れず、シャツに
隠された背中には大きな内出血の跡、頭に殴られた
コブ、肋骨も折れたかヒビが入ったようですが・・・・。
*以下インタビューの概要です。

その夜、妻と花火を見に来たところ、時間が遅かった
のでプロムナードの入り口付近にあるアイスクリーム屋
に行って、それからのんびりスクーターしてたのですが・・・。

と、大勢が後ろから付いて来る音と叫び声が聞こえ、
妻が何かおかしな事が起きてるワ!停まって!
と叫んだので後ろを見たら人々がわめきながら逃げ惑
ってるのが見えたのです。ちょうどトラックがやって来る
ところでした。

トラックはちょうど私達のスクーターの横、そして歩道の
上を走って行きました、バックミラーを見る暇は無かった、
それでも何が起きているかすぐわかったので追跡しよう
とアクセルを踏み込んだところ妻が後ろにいるのでそこで
降ろし、一人で追いかけました。とにかくアイツに追いつか
ねば、とジグザグに猛スピードで走りました、目に見えてい
たのはトラックの後ろだけでした。

トラックはあちこちぶつかりながらも歩道を暴走しています、
私のスクーターは加速力があるのでもう追いつくところに
なりました。どうにかして止めなければ、と夢中でしたが
意外と冷静に考えることが出来、左から運転席を攻める
ことにしました。

追い付いた時、スクーターが邪魔になったので降りて
トラックをめがけて放り投げ、走って追いかけました、
転んでもまた追いかけました、その辺のことはよく憶えて
いません。そしてとうとう運転席のアイツに追いついたの
です。(この時、既にトラックは障害物のため停止してい
たのでしょうか、それともこの人が妨害したから停止した
のかも)

タラップから上って開いていた左の窓から運転席のヤツを
何度もぶん殴りました。右利きなのですが、左手で。
(フランスは左ハンドルで運転席は左窓だから右手では不可
能だった?)アイツは殴られても終始無言でした。それから
ピストルを操作しようとごそごそやって、私に向けて引き金を
引いたのですが、発射しませんでした。その時私はもう死ん
でもいいと思ってましたが。

再び殴り続け、ドアが開かないので窓からヤツを引きずり
だそうとしたのですが、そこでピストルの柄で頭を殴られ、
タラップから落ちてしまいました・・・。すぐに起き上がれま
したけどね。

この直後、警官が銃撃してテロリストを射殺したのだと思います。

しかし、危険を顧みないでここまで出来る人、今の日本に居るかな?

***あれあれ、本日も特番になってしまいました・・。

タイトルとURLをコピーしました