”切り札”大統領

*トランプとは英語ではカード遊びの中の「切り札」カードを言うらしいです。

アメリカ大統領選挙が終わりました

マスメディアは番狂わせ(?)とこぞって報道していますが、
まあ、ありうることなのでしょうね。

こちらは水曜日の朝、8時半ごろには結果の「確定」報道が。

フランスとアメリカの大統領

家族と共に勝利宣言をするトランプ氏の姿、なぜか大統領当選
時のサルコジ氏とかぶってました。と、いうのは彼がブロンドの
ロングヘアをダウンスタイルにしてなびかせた娘や奥方の女性陣
その他息子等男性陣に囲まれた姿、サルコジさんのこれは(当時の)
義理の娘さんたちと(当時の)奥方、そして(実の)息子達に囲まれた
姿と奇妙に似通ったところがあったのでした。

しかしトランプ氏の場合はすべて実の娘息子なので・・・、その中の
一人で娘の様にも見えるのは46歳の白人女性にしては若く見える
(モデル出身だから当然なのかも)3度目の奥方。24歳も違う奥さん
なんて、セレブはいいですよね。そしてこのお母さん似のような10歳
の一番下の息子。日本のネット上では「イケメンになること間違いなし」
と結構騒がれているようで・・・。どうでもいいことですが。

 

トランプはドイツ系の苗字

トランプ候補が出て来た時、変わった苗字だけど私的に
は覚え易いものだ、と思ったのでした。今選出されて改めて
トランプ氏の経歴を見てみると祖父母がドイツ移民とのことで、
ドイツ起源の苗字でした。
・・・と、言いますか、wikiによるとおじいさんは16歳の時に
《不法移民》としてニューヨークに渡ったということですが、なに
せ19世紀後半、日本では明治20年前後の話なので・・・。
当時はもちろん船しかなかったのでもしかして密航して太西洋を
渡ったのでしょうか。とにかく留学生とか養子に来るとかでは
なかったし16歳では就業ビザ(当時そんなのはあったとは思え
ないのですが)も取れない筈なのでそれまたなーんで??と
素直に疑問なのですが、要するに若者の一旗揚げたい冒険心
からでもあったに違いないでしょう。また当時はそれが当然の様に
受け入れられる時代でもあったのですよね。それでwikiにある様に
おじいさんは元はフリードリッヒというドイツの名前をフレデリックと
英語風に改めたのでした。
(実のところは当時ドイツの徴兵年齢に近づきつつあったので、と
いうことらしいです。つまりは徴兵逃れ。姉さんの家に居候というあて
はあったものの就職のコネも何も無かったのですが床屋職人の技術
があった
ので到着後すぐに仕事にありつけたとのこと。
やはり
「手に職」は大事ですね。)

それがほぼ二代で富を築き上げ、孫のドナルド氏が若者の頃には
既に大金持ち、まさにアメリカンドリームですね。

トランプの英語での意味は”切り札”

さてこの<トランプ>という苗字、英単語として見ればなんと
”切り札”。日本語のトランプはカードのセットやトランプ遊び
そのものを意味するのですが、英語ではそうではありません。
weblibというサイトを見ると、ほんとにそうでした。

trump%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%91%b3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、このトランプ氏、苗字の通りアメリカの”切り札、頼もしい人”
となってくれるのでしょうか?すべてはまだ闇の中。

 

<番狂わせ>に不安がるフランス企業

前評判は圧倒的にクリントン女史が有利なはずだったのですが
蓋を開けてみるとトランプ氏が大差で勝利、マスコミが誘導した
世論だったような感じがしてます。
さて、「よきアメリカを取り戻す」と言っているトランプ氏、外国
製品の濫入に待ったをかけそうなので、主要輸出先がアメリカ
であるフランスの業者が結構不安がっているとのニュース。

・・・でもね、結局購入を決めるのは消費者なので。アメリカンに
無い独自の製品を供給すれば<売れない>なんてことは無いし
アメリカばかりに頼るのではなく他所を開拓する努力と発想があれ
ばたとえトランプ政権に来るなとはじかれても生き残れるはずなん
ですけどね・・・、これは部外者のくだらない独り言でした。

でもやっぱりフランス人って文句ばっかりで努力しないんだ。そんな
におびえてる暇あったら対策を考えろよね。

その他外国語日本語以外
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり