Oh、落とし穴!Pôle Emploiの罠

今朝何気なく、Pôle Emploi の自分のアカウントを開けてびっくり、職安からのメールが一杯入っている!

不意打ちをくらった気分・・・・

その中には来週のアクティブ・エンプロワの<研修>の呼び出しも入っていたので、「開けてよかった」ということになったのでした。

メールの日付は古いもので一週間前。なんで郵便での知らせが来ないのか?と疑問だったのですが、おとついの1時間アトリエで説明されていたことを思い出しました。

目次

要するに、職安のサイト内でなければお知らせが受け取れず見れない

個人アカウントを作った時、「メールでの知らせを受け取る」とかいう選択枝をあまり詳しい説明を読まずについつい習慣的にクリックしていたので・・・・。
これって結構何かのサービスに登録した際、つい習慣的にやってしまうのでクリックしてしまった人も多いでしょうね。

「この選択をしたら、我々からのお知らせを見るには通常のメールではなく個人アカウントに入ってみなければ見れません。また郵便での連絡は手当て切り上げ、などごく限られた場合に限りますので要注意ですよ」

と、あの、人がよさそうな職員の男性が繰り返し言ってくれてた事を思い出しました。

もう、来週月曜<研修>があることを知らなかったら大変なことになるところでした。

うーん、これは職安の罠かも知れない、とかんぐってしまうのであります。恐らくぼんやりしていて気付かない人もたくさんいるのでは?それで失業手当打ち切り、と凄まれるのでしょうね。

これをキャンセルして元へ戻す画面に行く方法もちょっとややこしく作ってある、これってやっぱり罠?それともフランスのサイトだからややこしいの?

どうせ職安なんて頼りにもしてないけどね

現在の失業率と現地の求人状況を見ても普通に日本人を雇う会社は皆無であることは来る前から悟りきっています。

・・・それに初日の<面談>があれだったのでね。これじゃ全然頼りに出来ないですよ。

そしてなんとおぞましいことに、私の職安個人アカウントに乗っている担当カウンセラーの名前は例のあのオヤジなのでした!

要するに第一回の面談の担当者がそのまま担当するらしい・・・。

こうなったら呼び出されでもしない限りこちらからは連絡はしないことにしようかな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる