そこは本土最南の街

今日のパリ地方は朝から曇り気味。午後半ばから雨/曇り/晴れ間/
小雨の繰り返し。
今週の初めはお天気だったのに、また薄ら寒い日々に逆戻りかも。
セーター類の一部、今日の祭日(注: キリストが昇天した(筈)
の日、復活祭の40日後)に洗濯してしまうのを待つだけかと
思ったら・・・。

”おしゃれな”パリは実のところ住環境も気候も悪い

・・・・・・その通り、パリは通常こんなに天気が悪い。真夏に
当たる8月でも小雨まじりの曇天に長袖を着るはめになることも良く
あるのですよ。それでも地価、住宅価格がそれこそ狂気のごとく高騰
したこの首都圏では自分の住宅を手に入れるにも気の遠くなる金額を
支払わなければならず、それで皆長期の住宅ローンを組んでそれでも
価格と予算の折り合いによって治安にはちょっとばかりか時には大いに
問題有り、の郊外電車でしか都心との行き来ができない郊外の住居を
購入するのだけど、ウチのように人生半ばでやってきた人間達には
ローンなど組めずあきらめざるを得ないのです。

そう、パリの住宅購入など宝くじに当たらなければ現実としては
考えられないですね。これは今や地価低落傾向にある日本の首都より酷い、
高いのはさることながら広さ、環境、住宅自体の質、どれをとっても
こんな大金を支払っても、と、割りに合うと思える住まいなどほとんど無い
に等しいのであります。しかも価格が下落することはおそらく自分達が
生きているうちは無いだろうと。住宅投資家はにんまりだろうし、親から
受け継いだ住宅を持っている人たちはラッキーですよね、自分達が住むには
狭いとかで質が悪いものでも、賃貸にして家賃収入を稼いでもらえるの
だから。

それでは南国に

・・・ということでパリには永住は無理という結論になったのでした。
もう6年ほど前にもなるある日、リタイア後のための住処をネットで色々
検討していた夫が
「おい、ココはどうだ?」
と聞いて来たのですがそこがこの街だったのです。
寒いのは大嫌いな彼はパリで働く人々がよく選ぶブルターニュやノルマ
ンジーはまったく考えに浮かばなかった様子。
とにかく年間晴天日がフランスで一番多く仏本土では最南端にある都市、
フランスでありながら、どこかスペイン風。

私はこのカタルーニャ地方には土地勘があった(とはいってもフランス側
ではなく90年代にお隣のスペインに数年滞在していたのでフランス側は
知らない)ので一も二もなく、賛成、そして家(アパート)探しが始まった
のでした。

*この続きについては長くなるのでまたの機会に。

今夜は雨の夜になりそうですね、しかし。

タイトルとURLをコピーしました