SiteGroundはhttps標準装備なのだ

 

このブログは昨年末からhttps://で始まるURLのブログになっています。

通常良く見られるHPやブログはhttp://で始まるURLアドレスになって
いますが、これは暗号化されていないウェブサイトで、それらの上に
インプットされた情報はすべてネット上に晒されています。
たとえばパスワードや何かの番号。
ニックネームとパスワードがつながっていることもこれでわかってしまう
可能性が。
また所謂<なりすまし>をされたり、情報駄々漏れなので<盗聴>どころか
誰でもパスワードが見れることになり、最悪そのパスワードを使っている
何かのアカウントの内容が<改ざん>されてしまう可能性もゼロではあり
ません。

SSL(Secure Sockets Layer)/TLS(Transport Layer) を導入してこの情報を
暗号化することで問題を解決できるのですがこれまで設定に時間や費用がかか
るため、なかなか個人では導入出来ませんでした。ショッピングサイトや企業
が運営しているサイトではかなりの導入数、ショッピングサイトでは100%導
入されていると見ていいでしょう。

勝手にSSLになってくれてた

自前でワードプレスを運営している私としては前から上の様なコワイ話を
聞いていたのですが、SSL証明書を取るには結構費用がかかって設定も面
倒なので、
「個人ブログだからまあいいか」
と思っていました。

でも、記事をみるためにパスワードを発行するようになってから、ごく少な
い人数でもメールアドレスなどを連絡して来られる人達が出て来たので、本当
は気になっていたのです。

それが、何日ごろだったか覚えていないのですが、おそらく年末頃の何日か
の間に自分では気がつかないうちにこのブログのアドレスは、https://で始まる
様になっていたのでした!

私は日本のレンタルサーバー数社に問い合わせたところ海外発行のカードは支払いに
利用できないと言われ、その上利用中なんらかの安全設定が働いて突然アクセスが
出来なくなるなどの可能性もあり、もうそれなら初めから日本以外のところで契約した
方が簡単だ、と日本以外のサーバー会社を利用しています。

(日本以外の会社であってもサービスに信用が置ける会社なら地震など天災があまり起こら
ない
地域にサーバーがある日本の外のサーバーもいいと自分では思います。カスタマーサー
ビスは英語のみの対応ですが、海外在住の人はある程度英語での意思疎通ができる人がほと
んどの筈、お客様目線の英語でいいのだから問題ないと思います。私もそれほど流暢では
無い中学英語に近い英語メールで話は通じてます。)

これはわたしが使っているレンタルサーバー運営会社のSiteGroundがワードプレス
ユーザーには全員SSLサービスを無料でつけることにしたからなのであります。

今月のニュースレターでは以下のお知らせが。(太字部分はこちらで太字に
変えています)

Last month we announced that we had started issuing Let’s Encrypt
certificates automatically for all domainshosted on our servers.
This month we make the second step towards a more universal HTTPS usage
on our servers with the release of a one-click HTTPS switch for WordPress.
We strongly encourage every WordPress user on our servers to take
advantage of this option and to switch to HTTPS now. To learn how to do it・・・・

一応安全ですよ

実際の企業のショッピングサイト、たとえばA社やR社などやネットバンクの
HPはさらに高度なSSLを導入しているはずですが、個人のワードプレスブログで
はこれで十分かな?

とにかくも知らないうちに設定してくれて、しかもこれから新規のユーザーの
場合ははじめからSSLがくっついてくるのでこれは素晴らしい対応ですよね。

・・・ということで、このブログは一応安全。安心してご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました