アパート買い替えと引越

*旧居の窓からの夕景。見晴らし、これだけが取り柄だった。

 

先日の更新から早くも一ヶ月余り経ってしまったという、
なんとも情けないアップデートです。

本来ブログというものは少なくともコマメに更新するものだと
いう固定観念があるのですが、それから見事に外れてしまって
ました!!

さてさて皆さんにはひと月も何をしていたかという疑問が自然に
湧いていると思います。

住居移転と仕事準備がダブった

実はアパート新規契約と支払い+新居の掃除+引越し作業が
続き、その合間にこれから始める仕事の準備を進めていたので
このブログの管理画面を開ける暇が無かったという訳でした。

アパート新規契約

前に、引越し計画中であることを書いていたのですが、
実は6月の投資家カップルと運命の出会いをする前日に
新しいアパートを下見に行っていたのでした。

その日は木曜でした。100年前に建築された昔の資産家が
建てた物件、古いけれど造りはしっかりしていて今住んでいる
元々は1960年代初頭のベビーブーム世代とアルジェリア
引き上げ者の為のものだった建物よりも静かな環境。しかも駅
前通りで中心街に近い活気のある雰囲気に在ります。低価格
の理由は手入れが十分されていない絶対に改造が必要な
「いわくつき」物件だからなのですが、サロンの暖炉(使えない
けどデコレーション兼物を置く家具代わりになる)、石膏レリーフ
付きの高い天井など、この価格では通常めったにお目にかかれ
ない希少物件、超検討物件だと、翌日の金曜に不動産屋に週
明け月曜に再訪するアポを取った直後に投資目的の賃貸用ア
パートを探している人達に出会ったのでした。

新規契約と支払い

新規購入にはもちろんお金が必要ですが、ウチではローンは
しない主義なので、と言うか今の有利な金利で借りれる条件に
は絶対当てはまらないし返済プランの宛ても無いのです。なに
せ第一にもうサラリーマン生活者ではないので。

実はこのアパートを買った際も即金支払いにしていました。でも
すぐにお金持ちはいいなと羨むのはまだ早いのですよ、当時は
主人個人の名義だったリヨンのほんのステュディオに毛の生えた
程度のアパートがミニ不動産バブルのために価格高騰、予期して
なかった値で売れたので今の住居は現金で買えたのでした。

さて今回は・・・。現地の不動産不況で不動産を買う人自体が
少なく、動きの少ない中、ウチのアパートのようないわゆる{団地}
スタイルの物件は管理費が高めなのと居住者が大人数で建てら
れた当初はさておき、オーナーが変動してしまった現在では問題
のある賃借入居者も混ざっているため不人気で値下げをしないと
なんにもならない、売りたい人には泥沼にはまってしまう形になっ
ています。

 

 

 

 

前のアパートのエレベーターホールのタイル壁画。新築時にはきっと高級感があったのだろうけど。

それでもこんなところに住み続けるのはちょっと・・・ね。
私は何とかなるけど主人は絶対に嫌だと言っているので
しかたないか。建物や隣人についての愚痴を聞きながら
暮らすのはたくさんだし、住環境が向上するなら、と
探し続けて今回の100年モノ物件に遭遇したのでした。

まだこのアパートが本当には売れていないので売却金は
まだ入っていないのですがしかしこの新しいアパートはこの
まま契約しないと他の人に取られてしまうかも知れず、そうい
うことで二人のなけなしの貯金を販売価格の半分ずつ出して
購入資金に充てることに。
・・・とほほ、私も貯金はそんなに多くはありません。まして
会社員生活期間はどう考えても満額の年金とやらをもらえる程
の長さも無し。だから一生懸命ケチって貯金に充てているの
ですけれどね・・・。

幸いなことにこの物件はほぼ1年以上も売れずに残っていて
(幸か不幸か何年もメンテナンスされておらず恐ろしく汚い
部分があるので敬遠されたのかも)そのために先日大幅な
値下げをしたばかりだったのでした。そうでなければ諦める、
というか予算価格帯外れで検討の対象にもならなかった筈
です。

最終的に9月中旬に公証人(notaire)の口座に指定された
金額を送金して9月下旬に本契約になったのでしたが、新規
アパート購入のワクワク感よりお金使ったな感の方が勝って
いるので何とも何とも・・・・。
(それにまた掃除の手間が結構かかっているのです。
この改装は現在も計画+作業が進行中です。)

引越し移転に伴うエピソードはまたこの次以降でご紹介
します。
他人事だと無視したくなる内容ではなく、一般に興味を
引くものだけに絞りますのでまたお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました