ブックオフが無くなる

パリのブックオフ。この「本」の看板ももうすぐ無くなる。

先日の夕方久しぶりでパリにあるブックオフに足を運びました。

なにやら店内がいつもと違う・・・・、がらんとした感じ、商品の本棚が減っている、・・・
もしかしたら、と思ったけど時間が無いのでとにかく本を選んでレジに行くと
他の人が既に店員さんに閉店するのですか?と聞いていたのでした。

えっ、閉店?

店員さんはもう聞かれることに慣れている感じで「ええ、日にちはまだ具体的には決まって
いないのですが、年内には・・・」

実は6月末で新規の本やCD、DVDの買取りは停止していたのは知っていましたが
それが閉店準備の一環だったとは。

本    店員さんに質問していた人は
「そうですか、残念です」
と去っていきましたが、本当ですね。
これで日本語の本が日本で買うのとあまり
変わらない値段で手に入れられないことに
なった訳です。新刊書店は他にありますが、
運搬費その他経費がかさむので日本の倍ほどの値段で並んでます。一般庶民には
なかなか手が届きませんね。

実際、以前の職場からは本当に近かったのでよく昼休みに本を吟味しに行ったものでした。

あの名作、話題になった本で現在でも評価が高いもの、等々主に文庫で手に入れて朝夕
地下鉄の中や昼休みの公園が読書ルームになったことも。日本に居た頃は見向きもしな
かったのにフランスに来て初めて手に取った小説などもありました。

海外に居ると日本語の本が欲しくなる

今はインターネットが普及してこうやってネットで日本語で発信したり日本語の
情報などを数クリックで見られるのですが、やはり小説などは本で読みたいものです。

90年代にバルセロナに滞在していた頃、当時はネット環境も無く、バルセロナ在住
の有志の方々で運営している日本語図書館に入り浸っていました。なによりも日本の
新聞が読めたのはとても重宝していました、その頃はまだ全国紙の内容にも信頼が
置けたので、最新の日本情報はそこから得ていた訳です。ここで多くの友人達と知り
合ったりしました。つまり営利の本屋ではない環境だったからです。ブックオフを
含めて普通のお店ではまず友達はできませんよね。勿論店内で知り合いにばったり、
ということはよくありましたけど。

 

インターネットで日本の本を???

私が先週までしばらくパリの古本屋に足を運ばなかったのは若干遠いことと、
「今はネットで電子書籍もあるから」
と考えていたからわざわざかさばるリアル書籍は近く引越しもあるし
必要ない、としていたからでした、そのうちキンドルでも注文しようか、と。

が、しかし調べてみるとそうではないことが明らかに。例えばアマゾンのキンドル、
これはマルチランゲージ対応なので仏アマゾンで購入してもハードウエアは日本と
同じものが送られてくるはずですが、さて中に入れる書籍をこちらで購入しようと
すると日本のアマゾンのサイトからはダウンロード購入できません。滞在国のアマ
ゾンのサイトで見れる本しか購入できないのです。これでは無意味、キンドル購入
検討計画は破棄。

・・・何と恐ろしいことにアマゾン以外のサイトでも結構な規制がかかっている
ことがほとんどらしくこれでは海外在住者は電子本を入手することは困難、海外で
の日本の書籍入手環境はなんと20年も昔の状態から実質変わってないことになります。

この電子書籍購入についてのリサーチ、もっと進めようと思います。

タイトルとURLをコピーしました