回想

夏の朝にはラジオ体操

夏の朝、一定期間小学校校庭で行われていたラジオ体操。今はYoutubeで簡単に実演ビデオが探せます。 ビデオによって登場する実演者も違いますので好みの実演者が出てくるビデオをチェックしておくこともできますね。 この第2の方は結構運動量も多いのでそれだけで効果アリと見られます。
IT・WEBサイト運営情報

釣り記事なの?それとも事実?

最近見つけたいくつかの”自分生活記”。 大きな声では言えませんが妙に<ハマって>しまいました・・・。実感できることですが、いわゆる”幸せな生活”については見ても読んでもちっとも 面白くないものです。
カタルーニャ

国境なきショッピング

国境とはいっても陸続きなのでクルマやバスで簡単に行けてしまいます。 さて、本日は国境の反対側へお買い物。 国道を国境方面に1時間弱進むと、国境を越えてしまいました。・・国境には高速道路の料金所みたいな施設がありますが、常に無人。 料金を支払うことももちろんなく、スルー。スペイン側にはGUARDIA CIVIL(スペイン警察)の駐在所みたいな建物がありますが、通常は検問している様子など全くありません。
IT・WEBサイト運営情報

Windows10を日本語化してみました。

PCの土台は現地版、日本語が読み書き出来る設定をしただけでした。特に不便はありませんでしたが 枠組みはあくまで現地仕様、例えばメニューで”スリープ”や”再起動”等の 語句も”Mettre en veille”や”redémarrer”になっていました。 それでもWindows10にした後、コントロールパネル等を触っているうちに偶然PC全体を楽に日本語化出来るじゃないかと気づき試しにやってみることに。 作業はとても簡単です。もちろん日本語以外の他の言語にも変身可能ですよ。
IT・WEBサイト運営情報

WINDOWS10への道

4月最後の週に手持ちのPCにWindows10を導入しました。 これまで一週間余り使ってみたのですが、往年の名OS、XPの雰囲気が色濃く残っていたWindows7に比べて<最新の>スペックなので全てが新しい! 不評の8及び8.1を忌避して来たのでひとっ飛びに10へはやはりかなりのギャップです。<便利機能>は、やり過ぎの感も無い訳ではありませんが、これまでの感想はアップグレードして良かったです。これはヨーロッパでのWindowsOSのシェア一覧サイトの画像ですが、昨年2017年の春ごろから10が7を逆転し、2018年4月時点では過半数を占める様になりました。日本でもほぼ同じ時期に逆転現象が始まっています。全世界では去年の暮から10が7を上回る様になりました。
IT・WEBサイト運営情報

もらった圧縮ファイルの文字化け対策に最適なフリーソフト

メール等でもらったファイルをクリックすると日本語のファイル名が文字化け、どれがどのファイルかわからなくなった事はありませんか?PCの設定環境によってはそんなトラブルなど無い場合もありますが、時として出くわす事もありますね。ネットで調べると圧縮ファイルを開く際に問題があるのでダブルクリックで 開くのではなく、文字化け対策も入っている解凍ソフトを利用すると上手く行くとの話、そこで有料でなくてもフリーソフトでも十分使える、とかなり評判が良い お勧め代表的解凍ソフト(圧縮ファイルを展開して開くソフト)を導入してみました。
おフランス生活物知り情報

10年滞在許可申請にはTCFのA2レベルが必須!

Carte de résident(いわゆる10年カード)の申請に特設TCFのレベル証明が必須になったのは約1ヶ月前の2018年3月7日から、ということでまだ始まったばかりです。 必須レベルはもフランス語学習レベルA2、日常生活に支障がない程度ですのですでにフランスで普通に生活出来ている人なら問題は無いはずですが今年の3月からレベル達成の公的証明書を取る義務が生じ、この10年カードへの申請用に特別に別の名前のテストが作られた、ということです。 (ちなみにテストは有料です!)既にDELFでA2以上のディプロマ保持者、あるいは過去2年以内に一般用のTCFをオプション込みで受験、A2以上の評価の証明書がある人、またはフランスの学校でもらう各種ディプロマの保持者はそれらの証明書が代わりになるのです。
おフランス全体

「国鉄スト」は日本では死語ここでは絶賛実行中

4月に入って寒かった今年の冬もようやく終りを告げたようですが、その後に公開(といってもすでに実施済みですが)されたのが仏国鉄ストライキの日程です。 4月から3ヶ月の間の予定表が公開され、Pâques(イースター)休暇明けの今週火曜日に第1回目の2日間(とは言っても実質上60時間)ストに突入。路線にもよりますが、TGVを含め、軒並み4割以下の運行。ヒドイ所では10%ほどしか動いていないという悲惨な有様でした。
おフランス全体

歯医者も”ワークシェアリング”らしいです

パリでは13区にある歯医者さんに通っていました。<通っていた>ほどでもないのですが、パリに住み初めた翌年の夏、奥歯の詰め物がポロンと取れてしまったのでした。同僚に聞いてもあまり良い歯医者の噂は聞かないし、当時よく閲覧していたパリの日本語無料新聞のネット掲示板を参考に、電話をかけてみたところ、ほんの2,3日後の朝イチに予約入れてくれたので行ってみました。始業時間前後なら空いていたのかもしれません。
起業

本当にめげますわ。

持って生まれた運の良さというのはなるほどありますね。 でも自分でも変える事は出来るのではないかと思います。 お財布の色を変えたらいいとかのよくある風水の話などは別として、気持ちの 持ちようと前進する活力があれば自ずと運勢も変わっていくのだと信じています。