嗚呼(ああ)SFR!

 

この夏、フランスの主要携帯電話会社各社が軒並みパック料金の変更(はっきり言って
値上げ)に踏み切りました。

・・・とは言っても全部の料金が上がったのではなく、各社2,3の一番安いグレードの
料金中心に値上げしたのですが、私が利用しているSFRはいつものことながらちょっと
こすからいやり方で来ました。

こんなフランスの携帯会社の話などフランス以外にお住まいの方には関係ない話題だと
思いますが、

「ああ、こんなことが多いんだ」

とフランスという国への認識に何か変化があるかも知れませんので話の種にでもどうぞ。

 

 

”2ユーロ”のお手紙到着

8月半ば頃SFRからお手紙。私は何時でも解約可能なSIMカードオンリーのそれまた一番
下のプランしか使ってないのですが、どうせまたもっと高いプランへの切り替えの宣伝
だろうと、開いてみると、こんなお知らせ。

よく読まないと誤解しそうな・・・。

黄色の線を引いたところ、なんと2ユーロだけで素晴らしいことが出来る様に自動的に
変更されるのね、と斜め読みでは勘違いしてしまう可能性があります。もっとも注意
深く読む人は違うはずですが私は最初のチラ読みで、これまで5ユーロ+αだった
料金が「2ユーロ」になる、なんて素敵♬、と勝手に考えてしまったのですから怖い
ものです。

この勘違い、FREEという携帯会社の2ユーロポッキリSIMカードプランに頭が洗脳
されていたからかも知れません。数年前からある、この会社のこのプラン、確かに
月2ユーロでフランスやヨーロッパ、USA等への合計2時間の通話時間、SMS/MMS
無制限、50Moインターネットが使えて、SFRの同様プランのおよそ半額にもなら
ないのです。(でもFREEのネットワークはパリ付近ならまだしも、信頼性に
欠けるので念のためこちらに変更はする気はしません。)

それで、
「SFRよ、お前もね」
とSFRも追従してこのサービス価格にしたのか、と良いように捉えました。

 

SMSで勘違いに気づく

しかし、巷の消費者保護団体等で携帯各社のこっそり値上げへの対処法も公開され、
悪賢いSFRも流石に問題があると思ったようでもう一度ダメ押しの通知をSMSで
送ってきました。

ある日SMSが来ていて、またSMSでの毎月の請求お知らせ6.99ユーロかな?と開くと
SMSの短いメッセージで2ユーロがプラスになることがはっきり書かれていました。

「2ユーロプラス???騙し打ちみたい。それじゃSFR解約してやる!」

と思ったのですが、同じSMS内にあったリンクをクリックするとこの2ユーロアップ
プランの拒否手続きに繋がったのです。

はい、すぐに拒否手続きしました。これで相変わらず月6.99ユーロに変わりはない
はずです。

 

・・・しかしこの6.99ユーロにも何か不思議なものが。SFRの宣伝では基本5ユーロで
それに付加価値税等が付いているようなのですが、相変わらず実に曖昧模糊な請求書で
結局6.99ユーロを毎月引き落とされています。付加価値税付きにしても別に金額が
プラスされていてよくわからないです。

これについてはネットの色んなフォーラムで不満を言っている人もいました。・・・
僅かな額ですのでついつい見逃して放って置いたのですが、やはりそろそろ業者を代える
時かな?

 

 

おフランス全体
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり