大家と隣人は運次第

 

先日とんでもない賃貸人を入れてしまうと自分所有の
アパートや家がたいへんな事になってしまう、
という話をし
ましたが、さて

大家とか隣人はどうなのでしょう?

大家を選びましょう

大家はフランスの場合、パリ以外なら選べると思います。

パリは何しろ、貸し主絶対有利市場、住みたい地区には
あいにく物件が殆ど無いことなどざらにあります。おまけに
賃料の相場が半端なく高いので、自分の経済状況と照らし
あわせて広さ、階数など妥協しながら候補を決め、しかも
最終的には大家による<審査>が絶対あります。収入の
証明として給与明細、会社の雇用証明書、保証人の有る無し、
その他(外人なら国籍なんかも関係あるでしょうね)などの
書類をありったけ揃え、面接後の連絡を待つのであります。
不動産屋を通しても同じこと、決定権は相手にあるので
「あなたには残念ながら貸せない」と言われたら他を探すしか
ありません、大家を選んでいる余裕など殆どありませんね。

こんな異常なパリにどうしても住みたいとか住む必要がある
人はもう運を天に任せるしかないでしょう。

<印象的>な大家さん

パリでは何回かアパートを替え、色んな大家さんに出会いました。
その中でも印象に残った大家さんについて。

  • 大家1 自分の息子に住まわせるため、退去依頼を出し
    て来た。これは当然の権利だけど、いやらしいことに
    huissier (執達吏、執行吏)を通していて、そのhuisser
    からの「6ヶ月以内に退去しなければ云々・・・・」の手紙が
    郵便受けに入っていた。家賃不払いでもあるまいし・・・、
    本来配達証明付き書留で退去依頼を送付するだけでいい
    なのに本当にやな感じ・・・。
  • 大家2 問題アリ(上の階の住人が精神的に若干おかしく
    夜中にシャワーを鼻歌を歌いながら浴びたりの奇怪行動
    の数々)のアパートであったので、転居を申し出たところ
    退去1ヶ月前の直前の申し出であったが敷金を全額返金
    してくれた。・・・恐らく環境的に欠陥があったことを知って
    いたからの善処だけど、こんな大家さんはフランスでは実
    際問題珍しい。
  • 大家3 とにかくケチ。アパートは1940-50年代の建築だった
    が殆ど改修してないまま貸していた。フローリングは痛み放題、
    電気配線は当時の大昔のまま、湯沸かし器も恐らく20年ほど
    前の代物がそのまま付いていた。おまけにトイレの天井から
    雨漏り。パリは雨降りが多いのでトイレに入る度に傘をさしたく
    なるほど(実際は狭さのため不可能)。殆どボロボロだったが
    唯一南向きテラスが気に入って(それも外壁が落っこちそう)
    過ごしていたが引越し直前に電気系統の故障が2度、直後に
    湯沸かし器が壊れて業者を遣したのはいいけど、「まず、修理
    してみてどうしても出来なかったら新しいものに交換しろ」と
    言っていたらしい。もちろん業者は面倒な事は嫌だから即取り
    替えていた。極めつけは退去時の点検の際何も指摘され
    無かったのに後から洗面所の流しにひびが入っている(これは
    最初からあったのに入居時の書面には大家は何も書いていな
    かった、後から思うとこの交換は我々に負担させようと考えて
    いたのかも)と、交換費用を差し引いて敷金を返して来た。
    ケチなくせに今度は金のかかる配達証明付き書留で連絡して
    来たのには微笑んでしまったけど。

本当に、いろいろ・・・。大家はそれでもある程度選べますよね。
特にここみたいな地方都市だと、部屋もより取り見取りに近い感じ。
安いですよ、家賃。

隣人は本当に運次第

しかししかし、隣人についてはどこの街でも下見時になどまったく
予想もつけようがありません。ひどい隣人、特に騒々しい隣人など
に当たったら大変。日本よりタチが悪く、下手に出て静かにして
欲しいと言っても無視、管理組合に相談の手紙を出してもまったく
なしのつぶて、なのです。大家も遠くに住んで居たり等で基本干渉
はありません。そして相手が物件の持ち主で借家人では無かったり
するともうアウト。出て行きませんよね、絶対。
あっちが出ていかないならこっちが出て行くしかない、そんな状態
に陥ります。

さて、

まさに今の階下の住民達がそれ。最初子供が2人で夜中まで
まるで家ネズミの様に走り回る音がすごいので気をつけて欲しい
と言いにいったら、逆切れされてこっちが叱り飛ばされ(面の皮が
象のように厚いのね)そして生活保護でもらう金で新しい車を乗り
回す怪物たち、そこの家賃は改装費用がかかったせいか大家さん
が設定した家賃は標準より3割は高いけど、生活保護から全て出て
るからタダ。彼らは上下隣に迷惑かけながら2家族プータロー生活
を満喫してます。フランスは本当に、こういう人達が多いのです、
制度があるから、利用して何が悪い、と。日本の様に生活保護を
もらうことへのためらいなど殆ど無いのであります。

念のため言っておきますが階下の住民は移民系ではありません。
しかし<2家族>というのは、実はシングルマザーが2人寄り集まって
住んでいるのですが、ほぼ連日男性が出入りしています。ダンナが
仕入れて来た情報によるとこの男性はどちらかの女のヒモで子供の
父親らしい、とか。こんな驚き一家であります。

でも、幸いな事にこの生活保障フリーク達はこっちが出てく事に決めた
とたんに越して来たので、<ぎりぎりセーフ>だったかな、やれやれ。
 

住居・不動産
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり