キーに無い字が多いフランスのキーボードの不思議

*写真はフランスのパソコンの一般的キー配列はAZERTY。英語などの多数派と違って
左手の指の位置が微妙に違います。そして、写真では見えないのですが、
Mの位置がとんでもないところにあるのです。

 今日しばらくぶりにパソコンのキーボードを眺めていました。
しばらく掃除してなかったのでそろそろ、と雑巾を持って来た
のですが、

「そういえば、フランスのキーボードはとんでもない配列なのだ」

と改めて気がつきました。← これって久しぶりに感じたことです。
2001年にフランスに来た時はあんなに異常に感じたのですが、
慣れって怖いものですね。

 

AZERTY配列

上の写真からおわかりの様に、文字のキーの一番上は左からAZERTYと
並んでいるキーです。
これはフランスとベルギーのフランス語圏で販売されているパソコンの
標準仕様となっていますがその起源は19世紀末、およそ120年前のタイプ
ライターのキー配列が既にこの型でした。

英語圏を中心に日本を含めQWERTYのキーボードが世界の主流ですが、
このフランス型のキーボードは頑なにフランスのキーボードという位置を
守っています。
ちなみにMの位置は、真ん中の段でLの右隣にあります。
わたしはこのせいで仏語モードにした際、Mについてはミスばかりしてます。
・・・(ため息)

ちなみにドイツ語圏ではまた別のQWERTZという配列だそうですが、私は
ドイツ語圏には行った事が無いので実物を見たことはありません。

標準型QWERTYは使用頻度の高いキーを真ん中へんに持って来たそうです。
しかしフランス型のAZERTY、ZはともかくもAってフランス語でも良く出て
くるのになぜQと場所を交換して左の端っこにされたのか。
単に英語に対抗しただけなのでは、と勝手に推測してしまいますね。

ただ、このキーボード、やはりフランス人にとっても使いづらいらしく、
現在新たな規格のものを創る計画が進行中とのことですが、一旦普及し
てしまったものを入れ替えるのも結構大変ではないかと思います。

 

英語のキーボードに感激してた

私は日本から来る時には大枚はたいて買った日本語仕様(日本語OS)の
ノートパソコンを持って来ました。
その頃はパソコンのOS言語以外の言葉を使うのは出来ないことは無いけれど
素人には難しい設定が必要で、そんな事をやる暇も知識も無かったのです。
当時の15インチ画面の普通のパソコンはそれこそ20万円越える「贅沢品」で
したが私にとってはまるで<嫁入り道具>みたいなものでした。
今でこそパソコン代わりにスマホやタブレットを使っている人も多いのですが
当時はそもそもネットが出来る携帯電話などもまだ無かったのですよね。

パリに仕事を得て初めて会社のデスクで自分が使うPCを見た時、キーボード
が英語配列のものだったので思わず声に出して
「よかったー」
と言ってしまいました。これだとローマ字入力で打っている限り日本製の
パソコンと同じ感覚で使えたのです。
フランスでも注文すれば英語のQWERTY配列のキーボードは購入できるよう
です。会社の社内IT技術担当の兄さんが英語のキーボードを注文し、
windows2000に日本語フォントと日本語入力機能をぶち込んでくれていました。
当時日系企業はwindowsXPが出るまではみんなこうしていたと思います。

 

今は日本語の入力も簡単設定

XP以降は特別なファイルなどはインストールしなくてもコントロールパネル
の<時計・言語および地域>で<言語の追加>処理をやれば海外現地で買った
現地語OSのパソコンで日本語の表示や入力が日本のパソコンと同じ感覚で
出来てしまいます!追加で何も購入しなくても5分ほどの設定で簡単ですよね。
日本語のMEが古くなってついにフランスで仏語XPベースのパソコンに買い換え
た時、感動しました。
ただしキーボードを見ないで打っていることが一応前提です。

もう皆さんご存知だと思いますがフランス語版OSの場合コントロールパネルの
“Horloge, langue et région” から
“Région et langues”の中に入って、
”Modifier les claviers ou les autres méthodes d’entrée”
という行をクリックするとダイレクトに設定画面に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは私のwindows7の画面ですが、今見直してみると英語は日本語のローマ字
モードで十分対応可能かな?
たくさん入れるとかえってややこしいのでそのうち消しちゃおう・・・・。

8/8.1の場合はさらに視覚的に出来るようですね。
このリンク↑で説明されているのは日本語パソコンへ外国語を追加するやり方
ですが、OSの言語が変わってもコントロールパネルでの位置や機能は変わり
ませんのでやり方だけ真似してください。

ちなみにwindows10についてはアップグレード後の記事でご案内しています。

 

Windows10を日本語化してみました。
PCの土台は現地版、日本語が読み書き出来る設定をしただけでした。特に不便はありませんでしたが 枠組みはあくまで現地仕様、例えばメニューで”スリープ”や”再起動”等の 語句も”Mettre en veille”や”redémarrer”になっていました。 それでもWindows10にした後、コントロールパネル等を触っているうちに偶然PC全体を楽に日本語化出来るじゃないかと気づき試しにやってみることに。 作業はとても簡単です。もちろん日本語以外の他の言語にも変身可能ですよ。

 

Ç(大文字)の入力方法

さて、フランス語キーボードにも落とし穴が。通常小文字のçはありますが、
大文字はキーにありません。小文字のçのキーを打つときシフトキーを使って
も数字の9が出てくるだけ。えーっつ・・・・・。どうしよう。
ユーロの記号€があるのにçの大文字が無いとはこれいかに。
Çava? って打ちたい時はどうすればいいのでしょう?大文字Cで代用ですか?

 

答えは Alt+128 またはAlt+0199 です

フランス人でも知らない人が多いみたいですが、Altキーと数字の128(または0199)
を同時にタイプすれば出てきます。Altキーと一緒に打つ数字はPCの設定によって
異なるようなのですがどちらかで試せば出て来ます。

 

œとŒの入力方法

また、頻度はごく少ないのですがoとeがひっついたつづりもありますね!
vœuxとか、œufとか。

答えは Alt+0156、Alt+0140 で打てます

œはAltキーと数字の0156を同時にタイプ、
ŒはAltキーと数字の0140を同時にタイプ、
この場合、0を省略すると他の文字コードになってしまい違った字が出てきます
ので要注意。

 

そして・・・大文字へのアクサン記号

まずは、大文字母音にアクサン・グラーブ ` をつける方法

さて、大文字母音にアクサン・グラーブ記号がつく場合ですがこれはごく
シンプルにAlt Gr キーとキーボードの一番上の列のèと7が書いてあるキーを
打ち(この時はまだ文字は画面上には出ません)その後、普通に大文字を
シフトキーを使って打てば自然に`が付きます。

小文字での ï î ôも同じ要領でしたね! 
¨(シフトキー利用)または^(Altキー利用)を打ってからi o を打てばいい
ので同じ理屈です。

ï î ôの大文字もi,oを打つときシフトキーを使えば自然に出て来ます。
*これらは必ずキーボードは仏語モードにする必要あり

                             À È Ù   Ô ÏÎ
単語を全部大文字で書く場合にも使えますね!

 

さらに Alt+144 またはAlt+0201でÉを出す

Eにアクサン・テギュ がつく場合、結構文頭に来る事も多いですね。

その場合はやはりAltキーを使ってAltキーと数字の144(または0201)を
同時にタイプします。これもÇと同じでAltキーと一緒に打つ数字はPCの設定に
よって異なるようなのですがどちらかで試せば出て来ます。

         例: École

*大体これで仏語文の入力文字はカバー出来るはずです。
入力によく使うコードは少ないので覚えるかメモ書きをそばに貼って置いても
いいですね。
 
おフランス生活物知り情報
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり