マイナスの請求書

最近職安テーマが続いて暗くなってしまったのですが、
今日はちょっと明るいお話。

昨日ORANGEから
ネット契約の請求書が到着

金額を見ると、マイナス27.01ユーロでした・・・。
金額がマイナスの請求書なんて聞いたことが無い方もあると
思いますが、フランスでは電気ガスなどの公共料金では
よくあります。

実質的に検針は一年に一度!

フランスでは毎月どころか隔月の検針などありません、
半年に一回、
「○月×日の朝9時から12時の間に検針担当が伺い
ますから居てくださいね。もし不在の場合は24時間アクセス
可能電話または検針員が置いていったハガキで連絡
をお願いします」

というお知らせレターが送られてきます。検針員は何時に
現れるか全くもって予測不可能なので結局当日は午前中ずっと
家にいるか自分のメーターの数字を電話の音声メッセージ宛に
伝えるかもしくはハガキで連絡することになります。

ただし年に一回(つまり検針の2回に1回)は自己申告では
なく検針担当による実測をしないといけないことになっていて
これが仕事をしている人には休みを取って検針員にお付き合いを
するかアパートの管理人やお隣のおばちゃんなどに鍵を預けて
(これ嫌だよね?)お願いすることになってしまうのであります。

ウチも結局比較的休みが取りやすい私が年一回午前半休を取って
対応していました。

 

時々取られ過ぎになるのです

ただし料金の支払いは電気ガス等は2ヶ月に一回。検針もしてない
のにどうやって使用量がわかるの?という素朴な疑問が湧いてきま
すが<見積もり計算>によって「これだけ利用してるでしょうね」と
あちらが勝手に決定した使用量による金額を請求して来るのです。

通常は見積もり概算と実際の使用量はたいした差は無いので問題
は生じないのですが、人によっては長期留守をした期間があると
払い過ぎに。
その場合、実検針後、もしもその前の4ヶ月間に払い過ぎであれば
その分を引いて請求してくれますが、差が酷い時にはマイナス記号
が付いた請求書が来たりするのです。この場合、請求書に返金分
の小切手が添付されてプラマイゼロになっている場合、あるいは今回
+次回請求時は払い過ぎた分については差し引かれ払う必要が無い
というケースもあります。

ORANGEのキャンペーンの払い戻し

今回の私のケースはORANGE(旧名フランステレコム)のキャンペーン
値引きが適用になっていたための払い戻しでした。

facture2

 

 

こんな感じで今頃キャンペーンの割引分が全て控除。

上記の様にフランスの請求書はすごくわかりにくいのです。
一目見て理解出来ましたか??私は出来ませんでした。

他社対抗の光ファイバーキャンペーンでORANGEが打ち出
した特待料金、通常は12ヶ月の間は毎月14ユーロの割引に
なると聞いたので契約したのですがまずは1月始めの請求書は
割引無しで計算され、それでも仕方ないので支払っていました。
これまでの経験からそのうち割り戻されるはずだろうと。
そして先月2月始めは聞いていたよりも割引が少ない、一体
キャンペーンはどうなったのか?
などと思っていました。

今月やっと清算。 今月は1サンチームの支払い義務もありません。
やった!
と思ったら、マイナスの額がやたら多いので来月
4月も払う必要がなさそう。

料金先取りされた感があるけど、まあいいか。キャンペーンは
しっかり適用になっているし。お得ですね、やはり。
ちなみに今も50ユーロ引きキャンペーンはやっていますが紹介制に
なってしまいました。紹介リンクは貼りませんがもしご興味があれば
コメント欄からご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました