ローン仲立業者登場

この間の記事にも書きましたが先日から新しい家探しにネットを検索したり
四苦八苦しています。何で引っ越したばかりなのに???と思うのです
が、売るとなったら出来るだけきれいな状態で売りたいので今がいいのだ
ろうということと、これから夏に入るので当地に来て売り物件を検討する人
も増えるだろうということから売却活動(略して売活 :mrgreen: )開始となりました。

住まいも需要と供給の原則に従って取引があるのです。私達が嫌になった
物件と理由でも人によっては気にしないので数ヶ月かかったとしても売れる
だろうとは思います。何せ新品の設備だらけの家ですから。

前回の記事で登場した現在のアパート価格を見積もりしてもらった不動産屋
からダンナの携帯に先週の木曜に連絡があり、

「支払いのことで提案があるから
明日来て下さい」

と言う事、電話では詳しい話はしなかったのでウチでは顔を見合わせ、
一応話だけ聞いておくことにして翌日の午後4時に不動産屋に。

ダンナは担当の兄さんとしばらくは世間話をしていたのですが、私は
すごくヤーな予感がして、乗り気にもなれません。今日は話を聞くだけ、
とは言ってもなんだか妙な気分。既に<帰りたい>モード。

しばらくして、説明をする人がやって来ました。名刺を見るとCOURTIER
とあります、なんだこりゃ?見たところみるからにうーん、日本的に言うと
仁侠映画によく登場するタイプでごつい男性ですが、持って来た小型の
ノートパソコンと電卓を取り出してなにやら計算ばっかりしています・・・・。

”不動産ローンのブローカー”

courtierとは要するにブローカーということで、仲立ち業者です。
ブローカーは文字通り様々な業種で活躍してますが、こと不動産ローン
に関してはローンの下取り相談や新規ローンの相談、金融機関との交渉
代行をして一定の手数料を受け取っています。
これはどこの国においても大体同じだと思います。

上記は先ほど改めて調べたことでお恥ずかしい限りこの当日は
courtierってナニ?という疑問が先立ち、入って来てすぐに説明を
始めた時も電卓作業が終わって書き出した数字でコレだけの前金が
収められたら残りを銀行から2年だけ約半額ほと借りて他の半分の分
は普通に10年または7年ローンとして月々コレだけ支払う、でも今の
物件が売れら全額清算返済可能です、普通のローンは10年または7年
なら月●●●(3桁台)ユーロ、保証金、手数料、書類作成料いくらいくら
・・・・・・と数字が氾濫した計算結果説明をぺらぺらとフランス語で
まくしたて・・・。
(大体私は数字にすごく弱い人間で桁が5桁以上並んだ数字見ると
脳が拒絶反応起こすたちなのです、そして思考能力がストップと
相成る典型的な文字型頭脳、なのでもうナニを言っているか聞き取る
気も無くなっていました、もし日本語で言われても同じ反応だったでしょう)

「・・・ナニ、これ?毎月細切れで返済?もし物件が短期で売れたら
ほとんど
分割返済無しで残金清算できるけどこの不動産不況のこの
ご時勢ではあまり
あり得ない、まあかなりディスカウントすれば可能
かも。ダメダメ、こんな
支払い手段を取ると結局業者への手数料プラス
借金の利子を長期に渡って
払い続ける、見通し暗い生活にはまる、
絶対嫌

私は早々と上の結論に達しました。もう月々の数字なんてどうでもいい、
こんな提案には乗れない。ダンナも同じくうんざりした顔で聞いて
ましたが一応話を終えるまで、と。

借金(ローン返済)はしません!

「今結論出来ないから、Pentecôteの連休明けの来週の火曜に返事する」
ことにして不動産屋を退出。

ですがウチは借金は絶対にしない主義なのでこの提案はお断りすることに。
もう出来るだけ早く今のアパートを買ってくれる人を見つけることにして
明日連休明けに別の不動産屋にもあたることにしました。


しかし困りました、帰宅後、ワンのおなかの調子が悪いことが発覚。
大事にならないうちにと24時間営業の街外れの動物クリニックに。kuisugi
ところが初めてなので道が分からず大苦労。結果は何かの病原菌
にあたったのではと人間様と同じくガストロ用の薬処方でした。
・・・そういえば私も先週からおなかがちょっと痛かった・・・。
家庭内感染?

あれやこれやでぐったり疲れた13日金曜の夕方でした。

タイトルとURLをコピーしました