こんな事はこれまで初めて

*これが今週の課題、これってどうよ?

本日は職安ものではなく、ごく普通の身の回りの話題です。

退職して暇が出来たので、結構手仕事に凝ってしまいました。

・・・・本当はやるべき事は結構あるんですが、タイムリミットという
設定が無いため、予定は自由。こんなことは会社員では出来ません!

そして今回生まれて初めてやったこと。

  1. IKEBANA 
  2. 手工芸
  3. パン作り

・・・全て手作業と時間が必要になるものばかり、会社員時代は不可能でした。

1)のイケバナについては先日の続編写真があります。
一番上の画像がそうなんですが安定悪いので見えない重石を置いてます。

  2)の手工芸の例が下の鍵ボックスですがもちろんこれは全部初めから
作ったのではありません。

ぼろ隠しの鍵収納箱

closedこのミニボックスは数年前パリの青空市で古物商から手に入れたのですが、
パリ郊外のアパートでは置き場が無く、眠っていました。

蓋を開けたら鏡があるのですが買った時には右下が壊れて居たので、
先日赤い裏が接着面になっているカーペットのようなシートを貼って
みたのでした。 :mrgreen: 下部だけではおさまりが悪いので上部にも
赤いシートを貼ることにしました。

下の長方形は簡単に切れましたが上部の丸いところはさてどうやって
シートを切ればいいか・・・。考えたところ、型紙を取ることに。

katagami半分ずつの型紙2つとそれを基にした本型紙

ノートか何かだったと記憶してますが薄めの半端紙で実物を半分ずつ
なぞって型を取り、それを2つひっつけて写した結果が上記の写真です。

型紙の線をシートの裏側から写してそれからカット。
一応成功しました。
before

 

上部に赤シートを貼った後、携帯でこの写真を撮影中。
なるほど右下の角が壊れてますね、

きれいな長方形鏡ではありません・・・。

 

 

 

 

open

 

 

 

 

 

 

その後ぼろ隠しに下部にもシートを貼って出来上がり!本来の用途に
使うため、鍵をぶら下げました。蓋の裏側に鍵掛け用のフックがあって
そこに掛けられるのです。鏡の部分は本来中身の全体に貼ってあった
訳ですが、ほぼ正方形になりました。

ここまでしたので、売り物に出来そう、上記の写真では値札をぶら下げて
みましたが本物にはつけてません・・・。 😆

食パン作りは厳しい道

3)のパン作りは、実は現在は食パンにしぼっています。

普通のバゲットとかはどこにでもあるし、欲しいのはパリで日系のお店で
買っていた日本風の「食パン」。フランスの食パンpain de mie ではなく
本当に柔らかくふっくらしたのが理想なのですが、現実は厳しいのであります。

クック・パッドのレシピを参考にしているのですが出来上がりの写真は
みんな白くてふくよかなパン・・・。

でも今のところ私のは全て「フランスの食パン」。

食べられない訳ではなく、化学化合物も入ってなくていいんだけど、
「何か違う」

まだまだ試行錯誤中なのでありました・・・・。

タイトルとURLをコピーしました