ここ、本当にプレフェクチュアかしらん?

このブログでは気付かないうちに2016年になりましたが、

いきなり、

パリから南フランスに引っ越しました。

引越し移動は既に半月以上前でしたが引っ越し運搬とその後の
本棚とかロッカー、大型引き出しなど大物家具の搬入作業(引越し
業者は長距離になると何千ユーロにもなり、とても払えないので。
しかもエレベータが狭いので納まらず、搬出搬入階段で7階ずつ降り
たり上ったりなのでした)
と荷物整理でまず疲労、その後ORANGEに
ネット接続してもらったり、大小日曜大工(とは
言っても私はほとんど
見てるだけですが)とその道具買出しの日々でブログの更新など
そっちのけの
毎日で気がつくと元旦を過ぎており、早くも一般にも
仕事初めの週となったのでした。

その仕事初めの火曜日の昨日、引越し前にメールで予約を取って
おいた滞在許可証の住所変更
に赴きましたのですが・・・。これが
驚きの連続なのでした。

現地のプレフェクチュアは由緒ある建物

プレフェクチュア(=県庁と和訳されていますが県ごとの警察
本署と言った方がいい機関)に予定の
13時ごろ着くとさすが
予約オンリーの制度、他には2、3人しか見当たりません。それも
みんな要するに
アのつく系統の方たちのようで東洋系は皆無、この街
では東洋系は今のところ中国系と思われる人々
を少し見かけるだけ
なのでまあそれが普通なのでしょう。韓国中国ベトナム日本なんでも
ありのイル・ド・フランスから来たモノにとっては「ちょっと違う」感覚なの
でありますがその上にまた館内の
雰囲気がまったく違うのでありました。

まず事務所という雰囲気があまりしないのであります、古い由緒ある建物
を最近改築したばかりの
内装とインテリアはまったく役所っぽくなく総合受付
の女性も円満な笑顔満面に、「はいはい、13時15分、
お名前は?・・・」と
いう感じで対応してくれます。どこかの高級な個人クリニックに受診に来て
いるみたい。

ウソみたいです、この感じの良さ。その上すぐ順番になって担当の窓口の
お姉さんも親切な笑顔そのもの、
にこやかに書類チェック、書き換え費用分の
印紙を渡すと「有難う」の言葉が返ってきました。(これもウソ
みたい)両手の
指紋を取る機械で指紋を取って、「はいおしまい、3、4週間でお知らせを送るから
新しい
カードを取りに来てね」、ということで10分もかからないうちに<楽しく>
手続きが終了、これ、本当に
プレフェクチュアでのハナシ???とパリから来た
人間にとってはキツネに摘まれた様な県庁事務所訪問でありました。

パリはいかにも<お役所>

思い起こすのも嫌ですがパリ郊外の役所は酷いものでした。初めに通ったAという
支所では人間扱いされ無かったというに等しく、しかも限りなく永遠に続くレセピセ
(=申請書受付証明、3ヶ月ごとに更新に行く義務有り)を1年余りも続けた
後、偶然
にも引越しのおかげでB支所へと管轄地域が変わり、Bでは「こんな長いことかかって
いたのですか?初めから手続きをやり直しましょう」とまともに対応してもらえ3ヶ月
少し後にレセピセ卒業、10年後の更新の際
も問題なく迅速に手続きされていたのです
が、やはり対応は個人差はあってもどこか事務的
でした。
が、ここの地域の担当官さん達とのこの温度差!ここは気候が暖かいだけではない
のです。

外人にとってパリ住まいのストレスの溜まるものの内のひとつは気詰まりなプレフェク
チュア通いにもあったんだ、と
つくづく納得でありました!

カタルーニャ
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり