今日はおとといの続きです。

結果をここで先に書くと、

職安の究極の目的は
求職者の登録数削減
(=統計上の失業率低下、
就業機会が増えたと政府が
威張って発表できる)と

失業手当の打ち切りにある

と実感したことです。

目次

就活教育会社訪問

おとといの月曜日の夕方4時半の予約なので、時間ぴったりに到着。

・・というか、予定より少し前に現地に到着してしまったので時間まで周辺を散歩してみましたが実際に歩いてみると、パリ郊外のあまり芳しくない地域の中の大通りに近い雰囲気で、いまいち感じがよくはありません。
・・・事務所の家賃安くて済んでるんだろうな、と想像しました。

時間通り入ってゆくと、受付のおばさんとか中の人達はまあ感じが良い人達でしたね。入り口の横にあるイスで待たされたのですがトレーニング講師の声が聞こえる講習会場の様な小さな部屋が入り口のすぐそばだったりであんまり広くないようでした、まあ、要するに「有限会社」なので・・・・。

担当者は話のわかる人だった。けど、

さて担当者が出てきたのです。見たところ30歳前後の若い男性ですが童顔でなかなか愛嬌がある感じの人でした。

ただ彼はいわゆる<プロ>。金曜にメールで送られて来てた<アンケート>(職探しについての考えとか態度についての質問だったのですが、90問近くあったので最終的にはフランス語を読むのも答えるのも嫌になったくらいの代物です。)に適当に回答した結果の分析グラフを見ながら、

「ここはパリとは全く様子が違うんですよね、例えばジョブオファーの数など決定的に少なくて・・・ええ、とこのグラフにも表れていますがあなたはパソコンとかのスキルはあるようですが、自分を売り込むスキルとか、面接テクニックには欠けているようで・・・」

とか言い始めましたが、私の持ってきた履歴書を見て、「うん?」、と。

「あなたフランスでの職歴は前の会社だけなのですね?」
「ええ。ほとんど日本での職歴です」
「履歴書の書き方はこれじゃ基本ダメですよね・・・。しかし、・・」
と、フランスに来る前のあまりにもの経歴の長さに、
「あなたおいくつですか?」 (年齢を聞く場合日本みたいに「失礼ですが」などとは付けないところがフランスらしいけど、就職活動で<商品>になるかどうか見極めるためにはっきり聞いたのでしょう。
こちらもまともにはっきりと答えましたよ。

「うーん・・・・」(意外とちょっと次の言は言いにくそうでした)
「あの、日本では30過ぎるともう就職しにくくなるんですが、ここでもやっぱり年齢が高いとダメですよね?」(先手を打つ)
「ええ、そうですね。・・・・結構大変ですよ・・・」(もう私を見る目はこんなフランス語もそれほど出来ないしかも年増の外人に教育しても無駄になるよね という気持ちがありあり。わかりますよ、その気持ち、そう思うの当然だよね。)

「あの、私、それなら雇ってくれるところを探すんでは無く、自分で個人で何か立ち上げようと考えてるんですが」
「なるほど。(ホッとしたみたい)実はもう若くなくて会社を辞めざるを得なかった人達については一般的にも起業を勧めているんですよ。でも、まず始める前に準備や心積もりですよね・・・・・・」

それから後は一般的な助言や雑談になってしまいました。起業アドバイスについては具体的なことは門外漢でしょうから何も聞けませんでしたが、彼らのところで行う研修内容について事前に職安から説明を受けたかと聞かれて、「何をやらされるかは全く聞いてなかった」と答えるとあきれてました。

最後に驚いたことに職安につながっている自社サイトがあるらしく、(ほんと職安の下請けね)キーボードを叩きながら
「・・・一応コンピュータが苦手なのでメールをバシバシ送信することが中心のウチの研修は難しい、と言っておきます。それと起業を考えていることも・・・」
と、そんな内容を入力して送信ボタンを押していました、こっちの見まちがいで無ければ。

それでおとつい月曜の<強制研修>はそれ限りでおしまいになったのです。
実を言うとこの前哨にPôle emploiに行った際、
「雇用主を探すのは不可能だろうから自分で何か始めようと思う、」
と例の担当の若い女の子に言ったのですが、そんなことは何も記録に残されておらずこんな的外れな研修機関に強制的に行かされたのでした。

いったいここの職安はまともに適切な就職支援を考えているの?と。
いえいえ、初日のガムくちゃくちゃ対応と第一回目の取調べ面接を思い出すとそんな事はどうでもいいのだと、勝手に考えてしまいます。
要するに今日の記事の最初に書いた様に人減らし+口減らし。
それが実感としてわかったのは今朝、職安の個人アカウントを開けた時です。

「抹消するぞ」、とはなんぞや?

新しいメールが入っている、なになに・・・?

と開けると、
「あなたは当方の提供した研修を拒否しましたので登録リストから削除し、手当ては打ち切ることになります。」

ええーっ、誰が<拒否>なんかした?
おタクがやみくもに全くこちらの仕事探しに適合しない研修送り込んだんじゃないの、内容の説明もなしに・・・。
研修会社の人も迷惑してたんだから。

(この後はまた続きます)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる