夏から冬へ・今年は暖かい秋のフランス

*シャンゼリゼ公園にいっぱい飾られていた菊、ちょうど2年前の今日。
ここはお墓ではありませんが季節の花だと言うことでしょう。

今日からこちらでは冬時間です。


前の晩か朝いちで1時間時計 の針を遅らせるのを忘れない
様にする訳なのですが、夏時間に変わる時と違って気ぜわしさ
がありません。 🙂 
ちなみにデジタル仕様の時計が2つ3つあるのですがアナログ
と違って時間を合わせる方法がマニュアル見ないとわからなく
て放置。どうせ後5ヶ月でまた夏時間なので1時間引いて見れば、
と思っています。そうです、7ヶ月の夏時間期間は多数派なので
そのままにしとけ、と言う私は夏時間派。

今年は暖秋

今年は暖かい秋になっていて、フランスを真ん中から横半分に
切った南半分では「楽しい秋休み」(=11月1日のToussaint
諸聖人の日前後の約1週間、11月1日だけではなく、学校は10日
程も秋休み休暇に)を楽しむ人々でわが南仏の田舎街も観光客
が三々五々と散策しています。ほとんどフランス人あるいはイギリ
ス人やスペイン人ですけど。恐らく日本人は1パーセント以下なん
だろうと思います。

菊の花

この諸聖人の日はカトリックではお盆のような日で、お墓に菊の
花(主に鉢植え)を飾って故人を忍ぶのです。花屋さんの店先
にはこの頃色とりどり菊が置かれていて、クリスマスのモミの木の
その前の一種掻き入れ時です。
パリにいた頃は高級生花店に何10ユーロもする花が当たり前み
たいにも置いてありましたが、売れ残りははてどうするのでしょうね。
こちらでは需要数を見込んでそれ程の数は仕入れないみたいです
が。日本の秋は菊人形も所々で見物出来ますがフランスでは花ざ
かりの大きな菊の鉢があちこちに。

さてハロウィーンは?

日本でも若者が仮装パーティすることが多くなっている、明日
のハロウィン、フランスでも子供中心にこれはほとんど商業
ベースが主体になっているのですが広まって来てはいますが、
ほぼ子供の世界での話、本家本元英語圏のアメリカでも子供
がお菓子をねだって仮装して近所一帯の家を訪問するのでした
よね、いい大人になった年代が仮装するのはほぼ日本だけの
お話のようです。大人は11月1日、しっぽりと故人を懐かしむか、
秋休み休暇を取って遊びに利用し、観光業者を喜ばせてあげて
いるかみたいです。ちなみにフランスでも近年大手チェーンを中心
に祭日営業をしているところも多いので1日はこれまた11月11日の
第一次大戦終戦記念の祭日と並んで営業、どこもかしこも閉まって
いる、と嘆かなくても大丈夫の様であります。

 

ええーっつという映像

%e3%83%91%e3%83%aa19%e5%8c%ba%e3%81%a7%e9%87%8e%e5%ae%bf%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%b5%81%e5%85%a5%e8%80%85

しかしこんな信じられない映像もあります。もっと
過激な写真が英語圏のサイトに流れてしまって
それを見た一部の人がパリは恐ろしく汚い街になった、
とか言ってましたが元々昔はパリ(フランス)はトイレとか
バスルームなど家にはなかったのでまあ、今に始まった
事ではないのかも知れません。

これはまだきれいな「テント生活」の写真ですが、この様に
”ジャングル”の撤去によってカレーから流れてきた不法
難民がパリ北部の街の真ん中でキャンプしています。
政府筋は来週の連休明けにパリのキャンプ撤去に入る、と
していますが、根本的な解決は困難です。

この”ジャングル”問題、カレーではもう10年来の現象、街
がスラム街化以下の状態になりつつあったので10月24日
から全国にこの移民受け入れ施設を作って分散させる事に。
https://jp.sputniknews.com/opinion/201609132765439/

・・・こんなことしても全国の「美しい田舎町や村」にミニスラムが
出来るきっかけになるだけなのでは?と不安なのは私だけでは
ないと思います。もともとは「カレーが<イギリスに一番近いヨーロ
ッパの街>だから」こうなってしまったのですけれど。

タイトルとURLをコピーしました