職安の起業支援コース その1

*セミナー会社から与えられた転職支援サイト。職安のサイトとはまた別のもの。
 相変わらずながらフランスのサイトは作りがややこしくて入りづらいのでした。

12月に行った職安の面談で紹介された、「起業支援企画セミナー運営会社」
1月から3ヶ月の間利用が適用され、そして1月中は面談含めそこには
なんと計7回も通うことになったのでした。

折からの異常寒波で通常ならびびりそうなのでしたが、実はウチからは
徒歩5分以内の距離。行かなかったらもったいない、と念じて1月の
セミナー詣でが終わりました。

初回面談・・・あってもなくても同じ

まず初回は一対一の面談とか。
朝11時の指定時間に行ったのに少なくとも15分はたっぷりと
待たされました、先客がいた訳でもないし、結局は担当の女性
(それがせいぜい30前後なんですわ、この人一体起業がどんな
ものかわかってるのかな?と思ってしまう)がのんびり残った
事務作業したりしてるのをこっちが待つことになってたみたいです。

そして面談。職安からはほとんどなんにも情報は来ていない様で
過去の仕事内容などすべて説明し直しになったのでした。念のため
に履歴書ではなく<経歴一覧>を作って持って行ったので若干助け
にはなったのですが日本の事情ももちろん知る訳も無いしまた、
ガイジンを担当したこともおそらく初めてのはず、互いに言うこと
が反れ合い、極めつけが後ろの机でも他の担当(男性)が同じ様に
面談していて、声がやたらに大きいものでこちらの声が
「ぜーんぜん聞こえません」状態。こっちのデスクでは何度も聞き
直し、聞かれ直しで当方のフランス語のまずさと先方の地方訛りの
混ざった発音が悪影響し合って結局こちらの主張で理解してもらえ
たのは半分程度だったのだろう、という感触でした。
(理解が無いのは後にわかったのですがこの女性担当者は先月入った
ばかりの新米だったのでした!そりゃ色んなケースは見てない訳で。
起業とはお店始めるとかそんな程度のことしか頭にないようでした。
しかし、なんだこれ・・・職安ではリタイア間近のオヤジが担当、そ
してここは新人・・・)

そして集団セミナー

1月中に計5回もそこが主催するセミナーに通うことになったのでした。
本当は毎日日替わりで(しかし同じ内容を何本かサイクルで流している
だけなのですが)もっとたくさんのセミナーがあるのでしたが、自分に
まるで関係なさそうな「クリエイティブな工夫」とか「時間の有用を
学ぶ」なんかは当方でパス。それでも5本、午後の2時間ずつ5日に分け
ての参加になりました。

セミナーに来てみると毎回予想よりはるかに大人数で狭いミーティング
室は椅子が足らないほどになった日もありました。(この狭い街とその
周辺で毎回こんなに新しくナニカを始める人がいるのにびっくり。その
セミナー中にも初回面談にやって来る人がぼつりぼつり・・・。会社員
の仕事を見つけるのが難しいのも一因なのでしょう)

私の受けたセミナーは適当に選んだもの含めて、5つ。

  • 知り合いをいかにして仕事のコネクションに使うか
    →地元の知り合いや親しい知人友人を使いまくると
     いうもので私の起業計画案とは方向性が全く違う
  • どの企業形態を選ぶか、税金や社会保険料との兼ね合い
    →説明が早く、内容も大雑把、みんなわかったかわから
     なかったような顔をしていた。フランス人でもこう
     なので私では言わずとも・・・・
  • ネットを利用した宣伝方法を極めよう
    →SEOとかHPの製作方向とかもっとつっこんだ話かと
     思ったが、つまるところフェイスブックに写真を載せる
     とか、無料広告サイトに宣伝を載せるとかのレベルの
     話で役に立つ内容ではなかった
  • 起業までの10の段階
    結局転職支援サイトにあるのと同じ内容だった。
  • 市場調査についてその重要性と方法
    唯一これだけは聞いていて応用できるな、と思った
     だけど参加している人たちはあくまで現地で店を出
     したり地元の個人宅でのサービス提供を目的とし
     ているのでやり方は異なる方法を取るしかない。

あとは自分次第

計5回のセッションでは他人が何をやりたいかを直に聞いたり
出来て世の中にはいろんな人がいるんだと改めて認識しました。
もちろんその中には「これはうまくゆきそう」なのと「これじゃ
1年しないうちに閉鎖だろう」というのとがあり、現在の現地
社会経済事情に照らし合わせると一風がっくりしてしまい感も
(これがパリなら流行りそう、とか)。セミナー講師(その支援
会社の事務所にいる社員です)も当日は声に出さなかったのですが
後で彼からメールで届いた資料に「この街一番の中心街にもたく
さん店じまいした店舗があるのをよく見ること、前例に学ぶこと
が大事、市場調査を十分に」とあったのには絶句です。

私がもし20歳代ぐらいなら即なんでもいいから求職してみよう
とも思うかも知れませんが、就職口は本当に限られていて、地方
都市の就職現状はこんなものなのです。

===このシリーズはしばらく不定期に続きます===

職安(Pôle emploi)
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり