e-Carte Bleuはネットショッピング必須アイテム

*e-Carte Bleuは2002年にサービス開始だったのですね・・・。

なんと先月の末からしばらくネットショップ難民になって
いました。キャンペーンが6月5日で終了するのに
バンキングカード(カルト・ブルー)の番号を画面に入力
して支払うのは嫌なので、キャンペーンを見送りするしか
なかったり、ネット接続料金のorangeからの請求書には
小切手を送付して払ったりで・・・。

理由はバーチャル・カルト・ブルー(e-Carte Bleu)が私のミスで
ブロックされて使えなかったから。

e-Carte Bleuは
便利なバーチャルカード

フランスの銀行口座を開くと、大体はVISA機能が付随
したカルト・ブルー(クレジット機能付きのデビッドカード)
が付いてきます(といってもしっかり年会費は取られます)。

このVISAカードで銀行のATMからの現金引き出しや
店やレストランでデビッドカードとして支払いに使えます。
VISA付きですが即引き落としになるので持っている口座にある
お金の管理がしやすいですね。日本に居た頃クレカの請求書
が月遅れで来るので時々引き落とし金額の多さににヒヤッと
していました。

カードのネットでの利用にはためらいが

しかしこのカルト・ブルーをネットショップで番号と有効年月、
3桁のセキュリティコードを入力して使うことにはものすごい
抵抗がありました。いくらセキュリティマークが付けてあっても
果たして全部信用していいものかどうか・・。現在はあらゆる
手段で情報を盗むのに一生懸命な悪者も世界中には大勢
いるだろうからと、ネットショッピングも小切手支払いを受け
付けてくれるところだけにしていました。使い捨てのバーチャル
カードとかもあるんだ、と小耳に挟んでいたのですが、
どんなものかなと思うだけで・・・。

それがある日舞い込んだ銀行からのDM。へえ、e-Carte Bleu
ですか。
これってなーに?と、よく読むと、くだんのバーチャルカードの
勧誘だったのでした。年12ユーロほどの利用料金は必要だ
けど心配なくネットでカードが利用できるので、即申し込み。

これが2006年の後半でした。2002年に始まったe-Carte Bleu、
当時はまだまだこのバーチャルカードが浸透してなかったよう
ですが現在は利用者もかなり増えて、先月にはタブレット・スマホ
対応にも。そのためパソコンにインストールして使っている人も
新バージョンのアプリケーションをダウンロードして旧アプリと
入れ替える必要がありました。画面の体裁もなんか変わったな、
と思ってとまどったとたんに、パスワード3回間違えて、カード
ブロック!

カードブロック後はしばらくじっと我慢の子

うわああああっ!!ってことになり、
「ブロックされましたので使えません、ご契約銀行までご連絡を」
という文字がうらめしげに並んでいるのを横目に取引銀行に電話。
郵送で新しい個人IDとコードが送られて来るとのことで、その後
ひたすら待つ待つ待つ。

10日程経ってまだ届かないので銀行に電話すると、
「e-Carte Bleuは私達のところで手続きしていないので10日以上
かかる場合も」(イーカルトブルーって英語的に発音してました)
ということ。気長に待ちましょう・・・・。

その2日後普通郵便で別々に新個人IDと暗証コードが到着。
住所はなんとパリの前住所になっていたので転送日数がプラス
され5日も余計にかかっていたのでした。

後で気がついたのですが住所変更は銀行に連絡しただけだと
通常の口座とカードについては変更されてるのですが、e-Carte
Bleuに関しては自分でカードのアプリにログインして変更
しないといけないのでした。
今回はブロックされてたのでアプリへのアクセス自体不可能
だったので自分で変更すること自体が不能で前の住所に送られ
てしまったのでした。郵便局の新住所への転送サービス期限が
過ぎてなくてよかった、よかった。引っ越したら念のため即変更
することですねえ。

さて今日、早速後払いのネットショップの支払いを済ませました。
やっぱり便利!!

e-Carte Bleuの使い方

こんなに便利なe-Carte Bleuの利用方法は、

1. まず取引銀行での取り扱いがあるか確認、それぞれの銀
  行所定の申し込み方法に従って申し込みます。

2. その後手続き完了のお知らせとともに個人ID、別送で
  仮コードが郵送で到着。

3. 個人ID通知の手紙または取引銀行のサイトのe-Carte
  Bleuの項目にあるアプリケーションダウンロードリンク
  にアクセスしてアプリケーションのファイルをダウン
  ロード、その後ファイルをダブルクリックしてインスト
  ールします。
  *アプリをダウンロードしなくてもリンクをクリックしてアクセスする
   方法も選択可能です。詳しくは取引銀行による説明サイト参照。


4. デスクトップや任意の場所に保存したアプリを開いて

  個人IDとコードを入力。
  ここで3度間違うとブロックされてし
まいます!
  (たとえ時間をおいても連続して3度エラーすると

  ブロックになってしまうはずですので要注意)
  申し込み後第一回目にログインする時はここですぐに
  コード(パス
ワード)の変更画面になり、自分で決めた
  パスワード
に変える必要があります。
  

e-carte bleu mode d'emploi 1

 

 

 

 

 

 

 

 *本物は利用銀行のロゴがついたアプリになります。
  アプリの仕様はVISAが管理しているのでどれもまったく同じです。

 

5. サービスへのアクセスのセキュリティのため銀行に登録して
ある携帯電話の番号にセキュリティコード を送るというメッセージ
が出ます。 (現在使っている携帯電話番号が銀行に登録されて
いる 必要があります)
右側のVALIDERボタンを押して次に進みます。

 

 

 

 

 

6. 携帯にSMSで送られてきた8桁のセキュリティコードを
  入力します。コードはe-Carte Bleuにアクセスする都度
  変わります。

 

 

 

 

 

 

 


7. 利用希望の金額と通貨単位を選びます。

  この金額をカードにチャージした使い捨てのカード番号
  と有効期限(指定可能ですがデフォルトなら3ヶ月内)
  セキュリティコードがもらえます。
  有効期限内ならカードにチャージ金額内で数度に分けて
  の分割引き落としにも利用できます。

e-carte bleu mode d'emploi 2

 

 

 

 

 

 


8. はい、これがもらえたバーチャルカード情報です。

  これをネットショップで通常のカード情報と同じ様
  に使うことが出来ます。

e-carte bleu mode d'emploi 3

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに住所変更は上部のOPTIONSという
タブをクリックして行います。またHISTORIQUEでは
今までに使ったバーチャルカードの情報および
作成したけど未使用のカード情報を見ることが出来
ます。ただし3桁のセキュリティコードは伏せられて
いるのでやはり作成時にメモが必要。

*こちらはスマホやタブレットでのアプリ画面です。
パソコン版の様なカードの絵はありません。
e-carte bleu mode d'emploi 4

 

 

 

 

 

 

 

最後に注意点が。
バーチャルカードe-Carte Bleuはバーチャル使用なので
本物のプラスチックカードではありません。そのため仏国鉄
の予約+駅での切符印字、窓口での引き取りには本物の
カードを提示しての処理になるので使えないことになります。
その他これと似た予約システムなどでも利用不可。うっかり
e-Carte Bleuを使ってしまい間違いに気付いても払い戻しが
すごくややこしくなりますよ。

ただしネット上で支払いして、チケットのファイルをダウンロ
ード、自宅でeチケットを印刷する分には全く問題はありません。

便利なシステムですが、タダではなく年間およそ12ユーロほど
(銀行によって様々)維持費が必要なことと、ブロックされない様に
入力間違いに注意して利用する必要があることが欠点でしょうか。

私が今回新たなIDとコードをもらう際にも大体5ユーロほどの手数
料が銀行口座から引き落とされていたはずです。
一応、結構な授業料でした。🙄 

おフランス生活物知り情報
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり