本当にめげますわ。

なんだかなー。もうめげる。

 

先日、ふと開いたHPを見て、すごく意気消沈してしまいました。

 

世の中不公平すぎる!

 

HPはある在仏女性(もっちろんビジネスの中心パリ在住)の個人経営の
ご自分のお仕事関係、つまりインフォ+宣伝を兼ねたブログ形式のもの。

しかもすごいキャリア+私生活の幸福もバッチリ。

ここまではほぼいいことずくめの人生、それをさりげなく披露し、
しかもお商売、いえ事業の宣伝も。
その事業というのも実にインテリで普通の女にはまず手が届かない。

 

成功している人を垣間見てしまったら少なからず、というよりも
本音は大いに悔しいものですよね。

そこまでの学歴とキャリアをつけるには長年の努力がやはり必要だった
はずなのにそれを い か に も サラリと書いているところも
コ憎らしいし、そのキャリアと安定した会社にいるという地位を簡単に
投げ捨てて、<家庭のため>に独立、素敵です、本当に。
おそらく不安定な独立起業というリスクは問題にならないほどご家庭の
生活基盤が安定しているのでしょうね。

 

・・・とふと思いました。日本に居た頃の記憶でバリバリ自分で独立
ビジネスをなさっている方々あるいは超キャリアの高級会社員の方々は
一般的にどうだったか、と。
ほとんどが独身で個人の生活はというと、相応の友人と親類家族とかとの
程よく温かい付き合いはあっても基本は帰宅するとマンションに女1人、
という構図が浮かぶのであります。たとえそれが家賃10万円以上の豪華
マンションであっても。今でも大体同じではないでしょうか?もしかして
会社の求める物や社会事情はもっと厳しくなっているので優雅に独身貴族
を楽しむどころではないかも知れませんね。

 

でもこの人はそうでもない。素敵な高給取りかで裕福な(多分)ご主人と
カワイイ2人の子供さんに囲まれて、忙しそう(おそらく)でも満ち足りた
生活をされている。お住いもきっとパリ郊外の治安の良い地域の一戸建て
なんだろうな。もちろん持ち家。

おそらく皆が持ちたいと思えるもの全てgetしちゃってるのでは?
言いたくないのですが、私が持ってないものを全部持っていらっしゃいます。

 

うらやんでもねたんでも仕方ないんですけれど、でもそれには相応の努力を
されたのでしょうね。良い大学をいい成績で出て素晴らしい企業に就職、
キャリアを生かして留学+海外で就職を果たし、そして素敵な家庭。

これは昔からそうですが、やはり世の中には階級ではなくても階層というのが
あるのだと思いますよ。上級階層の人はやはりそんな生活がまるで約束していた
様に待っていてくれるのでしょうか、あ~あ。

 

運は自分で変えるもの

 

・・・・でも運ってものもありますよね。

 

例えば貧乏な国に生まれてしかも赤ん坊の内に親に見放され施設に放り込まれた
にもかかわらず大スターの養子になることが出来、パパラッチは少々うざいけれど
何不自由ない素敵な生活+遺産がっぽり、なんて努力というより運ですよね、これは。

持って生まれた運の良さというのはなるほどありますね。

でも自分でも変える事は出来るのではないかと思います。

お財布の色を変えたらいいとかのよくある風水の話などは別として、気持ちの
持ちようと前進する活力があれば自ずと運勢も変わっていくのだと信じています。

スポーツのイメージトレーニングなんかもその一つなのでしょう。
”イメージする事で実現する”、なんてググってみても色々出て来ますね、今は。

 

実は冒頭の<素晴らしいキャリアと幸せを両手一杯につかんでいる女性>の事を
知ってから凹んでしまっているのでイメトレは休止してしまってました!

また始めます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました