フランスに短期滞在する場合の注意

*CDG空港の入国スタンプ見本。シェンゲン諸国は全て同じデザイン。

私、sakuraは21世紀になった半年後からフランスに滞在しています。
その間日本に帰国したのは2度。10年前からは一度も行っていません。
と、言うか陸続きの欧州にもスペイン国境をちょっと越えたぐらい。
職場の同僚達はほぼ毎年<里帰り>していましたが、私は予算その他
の兼ね合いで帰国していません。まあ人それぞれ、です。

ところで

フランスに滞在するには
もちろん滞在許可証が必要です

が、日本国籍保有者の場合90日以内の滞在の場合は旅行者としてビザも
滞在許可証も免除になっています。パスポートのみで入国+滞在が可能
な訳です。

シェンゲン協定

この<90日(または3ヶ月)以内>というのは現在世界のほとんどの国で
適用されていますが入国条件・日数はそれぞれ異なり、USAの様に事前に
一応申請手続きが必要になっている国もあります。
こちらのウィキに詳しく解説してありますがなんと10日だけOKとかいう特殊な
国もありますね!

ウィキペディア 日本国民の査証要件

上のサイトの一覧表にはフランスどころかイタリアとかが入って無い!と
思ってしまいますね。
フランスは他の25の欧州諸国とともにシェンゲン協定に参加しているので
シェンゲン諸国という項目があてはまるのです。

ここに書いてある、
<あらゆる180日の期間内で最大90日間>
というのが非常にわかりづらいのですが、要するに今日から遡って180日間
のうちシェンゲン諸国のどこかに90日以上滞在したらオーバーステイという
ことになる、のでした。
例えば今日2月17日にフランスに来たい場合、遡って180日前の8月22日に
シェンゲン諸国の外から、イタリアに入国、イタリア21日間+ドイツ14日間+
オランダ7日間+ベルギー3日間滞在後、日本帰国あるいはシェンゲン外の国
へ出国、1ヶ月後の10月6日に今後はスペインに入国、スペイン21日間滞在後、
イギリス(シェンゲン外)に行き数週間過ごしその後パリでクリスマス&大晦日を
過ごそうと12月10日ユーロスターでパリに到着、パリで年末年始を過ごして
1月2日のフライトで帰国した後では無理なのでした。
(合計滞在日数が90日を越えてしまいます)
まあ、こんな形での旅行をする人はあまり居ないとは思いますが。

滞在オーバーに対する罰則は???

さて、このきまりに反してオーバーステイをした、あるいはしようとした場合
入出国審査窓口で直ちに別室に連れてゆかれる、あるいは入国拒否を
されるか、と言うとフランスの場合実際はそれほど厳しくはないようです。
おそらく日本人は観光客が多いので彼等もあんまりチェックはしてないの
でしょう。航空会社もチェックはしていないのが現状です。それよりも今の
ご時勢航空券販売に忙しいのでしょうね。

しかし現在は実際CDG空港にてオーバーステイのパスポートで出国した時に
通常は出国印を押すだけのところが色々質問されたという事例もあるようです。
その後普通にフライトして帰国されたとの事ですが、やはり以前よりも厳しくな
っているようです。

今後長期滞在許可を申請する人は要注意

出国時オーバーステイがばれてもこれ以上滞在はしない筈なのでそのまま
出られるのは嬉しいのですが、これが数度重なった場合、やはり問題になり
次回は入国拒否されるかも知れません。
また何度か長期にこのような形で滞在してチェックされなかった、それで今度
は本当に滞在するための申請を、と手続きをした際に問題になる可能性も
考えられます。今はパスポートにもチップが埋め込まれ、昔なら考えられない
方法でチェックされてもいます。近年大量に難民が逃げ込んで来ているので
これ以上外人を増やしたくない筈でこれまでの様にノーチェックとはならない
ことも十分に考えられます。

今後欧州のシェンゲン諸国で長期滞在する可能性がある人はシェンゲン領域
での合計滞在日数をも気にかけた方がいいかも知れません。

今は時効になっている筈、
スペインでのオーバーステイ

実はsakuraは90年代スペインでオーバーステイの経験があります。学生許可
証が切れた後もしばらく滞在したかったのです。当時は今のような180日規則
はなくて一応出国していればよかったのですがその旅費も捻出できず・・・。

今と違って街中で警察に呼び止められてチェックされない限り大丈夫だったの
ですがそれでも出来るだけ不法滞在っぽい外人がうろついてない観光客もたくさ
ん来る地域を選んで出没し、出来るだけ<観光客>を装っていました。本当に
ひやひやモノでした、当時は。でも良き時代でした。

外国人の滞在許可
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり