IT・WEBサイト

IT・WEBサイト

レンタルサーバーを帰国させました

まさにこのタイトル通りのお話です。先月末、レンタルしているサーバーを日本のものに替えました。 厳密に言えばサーバー自体が動いたわけでは無いのですが、日本への<帰国>は帰国なのでそんな感じです。
IT・WEBサイト

VPNの仮面IPアドレスでネット!

ネットサービスによっては閲覧できる地域(国)を限定しているものがあるが、VPNを使って閲覧可能な国から接続しているように化ければ、閲覧ができるようになる。・・・・海外から日本のサイトでビデオを見ようと思っても見れないことが結構あって悲しい思いをしてたのですが、VPNサービスを使いはじめてからそんなことは無くなりました。
IT・WEBサイト

郵便局(La Poste)がくれる無料メール

ごく普通のフリーメールです。なんの変哲もありません。フランス以外からフランス語のドメインが付いているメルアドが使えるぐらいで何にもなりません。でもちょっとうれしい機能がオマケになっています。
IT・WEBサイト

PayPalは自分の居る国に登録してください、でした。

そのまま時が過ぎて行き、PayPalの『魔の2500ユーロ』の境界に差し掛かりました。 この『魔の2500ユーロ』、私が勝手に名付けたのですが、口座開設からの入金高が通算2500ユーロを超えると、要求された書類をアップロードしないとアカウントに制限がかかり、これ以上入金も受け取れないことになります。
IT・WEBサイト

Windows10を日本語化してみました。

PCの土台は現地版、日本語が読み書き出来る設定をしただけでした。特に不便はありませんでしたが 枠組みはあくまで現地仕様、例えばメニューで”スリープ”や”再起動”等の 語句も”Mettre en veille”や”redémarrer”になっていました。 それでもWindows10にした後、コントロールパネル等を触っているうちに偶然PC全体を楽に日本語化出来るじゃないかと気づき試しにやってみることに。 作業はとても簡単です。もちろん日本語以外の他の言語にも変身可能ですよ。
IT・WEBサイト

WINDOWS10への道

4月最後の週に手持ちのPCにWindows10を導入しました。 これまで一週間余り使ってみたのですが、往年の名OS、XPの雰囲気が色濃く残っていたWindows7に比べて<最新の>スペックなので全てが新しい! 不評の8及び8.1を忌避して来たのでひとっ飛びに10へはやはりかなりのギャップです。<便利機能>は、やり過ぎの感も無い訳ではありませんが、これまでの感想はアップグレードして良かったです。これはヨーロッパでのWindowsOSのシェア一覧サイトの画像ですが、昨年2017年の春ごろから10が7を逆転し、2018年4月時点では過半数を占める様になりました。日本でもほぼ同じ時期に逆転現象が始まっています。全世界では去年の暮から10が7を上回る様になりました。
IT・WEBサイト

もらった圧縮ファイルの文字化け対策に最適なフリーソフト

メール等でもらったファイルをクリックすると日本語のファイル名が文字化け、どれがどのファイルかわからなくなった事はありませんか?PCの設定環境によってはそんなトラブルなど無い場合もありますが、時として出くわす事もありますね。ネットで調べると圧縮ファイルを開く際に問題があるのでダブルクリックで 開くのではなく、文字化け対策も入っている解凍ソフトを利用すると上手く行くとの話、そこで有料でなくてもフリーソフトでも十分使える、とかなり評判が良い お勧め代表的解凍ソフト(圧縮ファイルを展開して開くソフト)を導入してみました。
IT・WEBサイト

WordPressの子テーマを簡単に作る!

無料テーマを使う場合、<子テーマが既にあって提供されているか>を確認しておいた方が良いのですが、気に入ったテーマがあっても子テーマが用意されていない場合、自分で作るしかありません。 誰かに依頼しても無料でやってくれる人は知り合いでもない限りいないでしょうから、また作成方法について調べて、子テーマファイルを自分で作ってサーバーにインストールして・・・と面倒な作業が増えます。時間もかかります。
IT・WEBサイト

word、excelが年会員/月会員制になった件

すると、従来の買い切り型も残っていますが、月々あるいは年更新の<会員>式の利用方法も可能ということになっていました。知らない間に変化していたのですね!すると、日本語で日本のマイクロソフトに作成したアカウントを使ってもダウンロード は日本語以外の他の言語版も選べます! ちなみに64ビットのwindowsを使っている場合も64ビット版のオフィス365を選択出来るようになっています。
IT・WEBサイト

.euドメイン

euは文字通りEU圏内と若干の周辺国に住む個人または所在する法人が購入出来る ドメインです。 (正確には第1ドメイン(トップレベルドメイン)といいます。) 購入の際には購入者に対して住所確認がありますが、実は利点が結構あるのです。 私も最初はごく普通に.comでいいかなとか、一応フランスブログなので.frにしては どうか、など考えたのです。
タイトルとURLをコピーしました