おフランス生活物知り情報

おフランス生活物知り情報

印紙の購入はお家で

日本人を含む外国人にも印紙が必要な時があります。それは滞在許可証の発行手数料。これは窓口で現金やカードでは支払えません。印紙を購入して申請時に一緒に提出、あるいは引取時に交換、になります。滞在許可証を申請したことがある人はタバコ屋に買いに行った記憶もあるはずですね。
おフランス生活物知り情報

似非サイトに騙されそうになりました

善は急げと注文用のサイトを検索しました。すると、このサイトが目に止まりました。 このサイトはCGV(販売条件)等も書いてあり、信用できるとは思ったのですが、 そこで手続きを止め、サイト名で検索して調べてみると
おフランス生活物知り情報

化学製品無しで洗濯機をキレイに保つには?

これは洗濯の際に水道水の石灰分を中和して洗い物に付かないようにする 道具なのでした。<石灰分を中和>というとえーっと思われるかも知れませんが、 磁気の力でそうなるのですね。 科学や化学に強い人ならこの原理が簡単に理解できると思いますが、そうでない 私にはあまり突っ込んだ説明は出来ません。ただ、これを洗濯の際に衣類と一緒に 入れておくだけでゴワゴワの元になる石灰分が結晶化し、ソフトな洗い上がりに。
おフランス生活物知り情報

フランスの所得申告はセルフサービス方式

さて5月半ばの現在はフランスでは一般に所得申告の季節で あります。 これは国籍が外国籍の人達ももちろん、みんなが行う必要があるのですが、日本 と違ってサラリーマンでも全員自分で税務署に申告、その後税額が通知され申告 した所得金額に値する税金を納めることになるのです、つまり所得税は後払い。
おフランス生活物知り情報

フランスのPontには連休という別の意味も

実はフランスにも5月の連休はあるのです。 日本よりは遥かに少ない祭日が5月には飛び飛びで3日ないし4日はありますので週末とくっつけて巧みに連休にしてしまうのです。これは会社(事業所)ぐるみでやっている場合もあれば個人で有給休暇を申請して休暇を場合もあります。 この連休の作り方をフランスではpont(橋)と呼んでいます
おフランス生活物知り情報

電気コンロの掃除には洗剤はご法度

今日は家の中で電気コンロの掃除。洗剤は不使用が原則です。 この写真は操作のタッチパネル部分、この通り大中小の3つ口コンロです。「強烈な洗剤やタワシや金属など尖ったものでこすってはダメ」 とあるではないですか。 何を使ったらいいのですかね?買ったD社の店舗で専用洗剤を 買うの?と思いながら調べたのですが、洗剤って基本使っちゃ いけないんでした。
おフランス生活物知り情報

キーに無い字が多いフランスのキーボードの不思議

*フランスのパソコンの一般的キー配列はAZERTY。英語などの多数派と違って左手の指の位置が微妙に違います。そして、写真では見えないのですが、Mの位置がとんでもないところにあるのです。さて、フランス語キーボードにも落とし穴が。通常小文字のçはありますが、大文字はキーにありません。€があるのにçの大文字が無いとはこれいかに
おフランス生活物知り情報

e-Carte Bleuはネットショッピング必須アイテム

使い捨てのバーチャルカードとかもあるんだ、と小耳に挟んでいたのですが、どんなものかなと思うだけで。 それがある日舞い込んだ銀行からのDM。へえ、e-carte bleu ですか。 これってなーに?と、よく読むと、くだんのバーチャルカードの 勧誘だったのでした。年12ユーロほどの利用料金は必要だ けど心配なくネットでカードが利用できるので、即申し込み。
おフランス生活物知り情報

夏時間(l’heure d’été)に突入

フランスでの現在の夏時間への切り替えが始まったのは40年前 の1976年の3月最終日曜日ということです。 私はもっと以前から夏時間が取り入れられていたと思い込んで いたのですが、意外とまだ歴史は浅いのですね。