パリ

パリ

封鎖の日常 4

4月第一週の週末はパリ地方ではいいお天気になっています。来週のPâques(イースター)を前に春の到来が感じられますが、中心街はこの通り閑散というよりも誰も歩いてはいません。こんな画像が撮れるのは今回だけと考えたいですけど、封鎖解除はまだ...
パリ

20年後の風景

事故の場所はパリ8区のアルマ橋のちょうどたもと、セーヌ川と並行して走る自動車 専用道路がその部分で地下トンネルになっているのですが、そのトンネル内。 猛スピードで走行するVTC(ハイヤー)がバランスを失って左側の側壁に激突、 右側の助手席に居たボディガードを残して3人がほぼ即死状態、ダイアナさん死亡が病院の医師によって実際に確認されたのは31日早朝です。
カタルーニャ

夏らしい天気でバカンスの季節が終わりそう

オーガニック日焼け止め 
パリ

パリを離れて良かったのだろうか

ニュースで言っていたのですがパリ周辺は昨日大雨が降って、メトロや SNCFの駅では浸水や大規模な雨漏りに見舞われたところもありました。 なんでもほぼ1ヶ月分の雨が1日で降ったそうです。
パリ

赤土の帝王とアイス・ドール

今年も全仏オープンが始まり、そして終わりました。 フランスの普通のテレビ局の放送で見れる世界四全大会試合は 全仏だけです。外国の試合は放送権がすごいんでしょうね。 女子の全仏では7回優勝を飾った美人選手クリス・エバートが忘れられませんね。
パリ

7月14日の前日に

明日は7月14日。昨日からテレビではシャンゼリゼの行進の 予行演習の様子を少しずつ報じています。毎年恒例の戦闘機によるパリ上空飛行練習もやってたんだろうな、と懐かしいですね。パリでは11日の月曜日に航空機リハーサルがあったそうです。 コンコルド広場周辺を早朝に通行止めにして予行演習してた なんて気付かなかったです。 すぐ近くに居たのですけどね。
パリ

亡霊のように出現!

大使館領事館にはそれぞれ「縄張り」が あるようで管轄地域は厳重になっています。ブリターニュとかボルドーに お住まいの人が書類やパスポート関係で何か用事がある際はパリで いいのですがアルザスとか南仏やリヨン周辺の人達はたとえパリから 引っ越したばかりでもその地方管轄の領事館へ行くしかないのです。
パリ

パリの日本語BOOK OFF、本当にさよなら

さて最後の買い物時も具体的な閉店日は示されていませんでしたが、12月末の引越し先でネット検索すると上記の閉店のお知らせ広告が。日本では全く利用することが無かったのですが、パリではすごくお世話になった、というか顧客でした。パリを離れるのと同時に閉店になったパリのBook Off、これもパリの思い出のひとつ。
パリ

荷物を受け取る時はストレスもおまけにもらえる

フランスでも日中は家に居ない人が多いので通販の受け取りは配送業者が 街中の契約店に届け、店の営業時間内に受け取りに行くサービスが普及して います。日本での宅急便をコンビニで受け取るシステムと同じようなものですね。フランスではコンビニなど無いのでその辺のクリーニング屋、靴屋、よろず食品店 、本屋、花屋など
パリ

ブックオフが無くなる

なにやら店内がいつもと違う・・・・、がらんとした感じ、商品の本棚が減っている、・・・もしかしたら、と思ったけど時間が無いのでとにかく本を選んでレジに行くと他の人が既に店員さんに閉店するのですか?と聞いていたのでした。 えっ、閉店?
タイトルとURLをコピーしました