日本語以外

おフランス語

フランス語オンライン学習あれこれ

今やオンラインでショッピングや仕事も世界のどこからでも可能な時代に なっていますが、外国語の学習も同じです。「現地に行かないと身につく ●●語は習得できない」は100%正しいとは言えなくなりました。 好きな時間に学習可能なら、たとえ日本に居てもフランス語の知識や実力も それなりに付くのではないのでしょうか? それで検索してみたところ、次の3つが見つかりました。
その他外国語

スペイン語の発音、ぶっちゃけ初心者向けABC

スペイン語は日本語と発音が似ているため、日本人の初心者が話しても相手に一番理解してもらい易い外国語です。 少なくとも私達がネイティブ相手に発話する場合には障壁はすごく少ないです。今日はABCの読み方をやってみます。スペイン語のアルファベットは英語とほぼ同じ文字ですが、若干バラエティがあり全部で29文字になります。
その他外国語

”切り札”大統領

トランプはドイツ系の苗字 トランプ候補が出て来た時、変わった苗字だけど私的に は覚え易いものだ、と思ったのでした。今選出されて改めてトランプ氏の経歴を見てみると祖父母がドイツ移民とのことで、ドイツ起源の苗字でした。
おフランス語

DELF受験・・・準備2

問題集で出題形式を読解問題以外は一通り目を通しましたが 今日ヒアリングの練習問題をやってみて、感じたことは TOEICはマークシートを塗りつぶすだけで書き込みはいらない けどやはりフランスの試験は作文パートでなくても一応書く部分も面接試験以外は必要でその比重も軽くはない、ということを実感。
おフランス語

DELF受験・・・準備1

このDELF/DALFの受験料はもちろん国によっても違いますが同じフランス も会場によって大違い。昔リヨンの職安に紹介されて(でも職安は外人用の フランス語研修団体の一覧表をくれただけだったけど)通ったACFALという ところは受験料自体ここの大学の半分程度でずっと安いです。
おフランス語

ブーツを舐めるのがフランス流

まずゴマすりを英語の同じようなくだけた表現で言うとapple-polisher というらしいです。りんご磨き、ということですか。 ゴマすりと似た雰囲気がありますね。イギリス人と日本人の感覚には似たところもあるのでしょうか。しかしフランス語では、なんとlêche-bottes、ブーツ舐め、と言うのでした。
おフランス語

今さら試験受けるのですか?

先日も思ったのですが、何年滞在していてもこと現地の言葉に関しては まったく進歩が無い人たちが一杯居ます。これは国籍にはあまり関係は ないと 思います。環境とかにも寄るのでしょうか。
おフランス語

無意識と意識の差

要するに、それを「学習」してないので憶えてなく、「出て来ない」 ので想像力が働かず上記の翻訳になってしまったのでしょう、彼女の 仏語力が無いのではなく、積極的にこれは何々だ、と憶えようとして 来なかったのでそれをまったく違った場面でアウトプットすることが 出来なかったのです。
タイトルとURLをコピーしました