SAKURA

外国人の滞在許可

わたしが移住情報をほとんど書かない訳

移民関係の手続きや法規は政策や社会状況によってコロコロ変わるものです。日本の場合はそんなことは少ないようですが、『日本がそうだから他所も同じ』、ではありません。「去年まではこうだったので今年も同じ」と決め込むのはかなりのリスクを背負い込むことになります。
近くの国

「移住サポート」騒動

今海外に移住したい人々が以前よりも増えているのかもしれませんが、欲しい情報がなかなか手に入らない、まして英語圏以外の国のことについては大使館等に問い合わせる(実はこれが正道なはずですが)よりも、できれば日本語での情報に頼ってしまいがちですね。
フランス社会

猛暑!または気候変動

ヨーロッパは先週猛暑第二波に見舞われました。 パリの地下鉄はおそらく40度超えのサウナ状態、あのロンドンまで30度超えでした、彼ら一般的に暑さに不慣れなので相当キツイと思います。
料理・食べ物

めんどりのおうち

上の写真のような牧歌的な農場や農家で飼育されていて、朝は雄鶏がコケコッコーと鳴いて時を告げ、めんどりは卵をコローンと産む、そんなのは昔々のお話。 一般的にスーパー等で販売されている普通の卵はこんな環境で生まれてくるのです。
フランス社会

冷蔵ケース内の購入食品放置の原因は?

専用の大きな包丁で一生懸命切り始めました。パテってそんなに固くはないのになぜか大きく腕を動かしてます。・・・・・すると、なんとパテが切るはしからボロボロ崩れて来るではありませんか!見た感じサンドイッチ用に食パンを包丁でスライスしそこなってパンがオカラ状になってバラバラになっている、
日本

SMBC信託プレスティア口座を海外から解約

先日かなり長い間持っていたプレスティアの口座の解約手続きを行いました。もちろん口座を開いたのはあのシティバンク時代からで、名残り惜しいのですが・・・解約といっても電話で書類を取り寄せて郵送するだけ、わざわざ日本に行かなくても良かったです。こんなに簡単にできるならもっと早くにやっておけばよかった!
フランス社会

国外に持っている金融口座の申告義務

今年2019年1月1日から施行された”外国金融口座申告義務についての改定”が見逃しておけない状態なのでは、と考えて色々情報を収集しました。政府機関や税理会計士の(これは結局は自分の会計事務所の宣伝ですけれどね)サイトなど訪問して調べた結果、先日ネットで行った所得申告をもう一度訂正して送信することにしました。
おフランス生活物知り情報

フランスの”県番号”って何?

それぞれの県になんで番号が付いていて郵便番号の頭2桁とかクルマのナンバーとかになっているけれど、そもそも場所はてんでバラバラ、日本のように北の方からから0で始まるとかじゃない。このフランスの「県」、そもそもの始まりはあのフランス革命の時だそうです。
フランス社会

天引きシステム導入後初の所得申告の季節到来

さて、5月から6月にかけては今年も所得申告の時期です。今年、2019年の1月から給料や年金には日本と同じく税金天引きシステムが導入されたので、2018年の所得は申告はするものの、特殊な収入が無い限り前年までの様に秋になっての税金の請求は来ません。いわゆる”l'année blanche”(カラ税年?とでも言うのでしょうか。日本では存在しないので適当な訳語がすぐには見つかりません)です。
職安(Pôle emploi)

Pôle Emploiからさよならする方法

先月の始めに起業登録をして、これで失業者からは外れたはずですが、まだPôle Emploiから色々なメールが来ます。登録を止める方法について書いたサイトを発見しましたが、これは2017年の情報。その後Pôle Emploiのサイトリニューアルが行われ、登録削除へのリンクは見当たりません。 それじゃどうするの? 
タイトルとURLをコピーしました