Androideではgoogleの提供するPCでのサービスが使える!

わーい、 😀 この間ネットで注文したスマホが届いた!

早速荷物預かり先のお店に取りに行って来ました。

なぜにこんなに浮かついているのかというと、私としてはこれが
<スマホデビュー>だからです。パリの会社員時代はずっとフラップ式の
<ガラケー>を使っていたのでおそらく同僚などからは”そっと”馬鹿に
されていたのでは、と思います。
でも緊急の連絡などで蓋を開けてすぐ電話が取れるのは利点でした。
それに頑丈。安物なので手荒に扱っても気にならなかったのですが、
カメラ機能がしょぼい(画面が小さく粗すぎる)のがどうにもダメでした。

でもこの2、3年実はダンナのお古の12年式サムソンのスマホをSIMロック
解除して主にカメラ機能+ガラケー使いにして来たのです。

しかし携帯会社提供のスマホだったので画面には私は使えない元の携帯会社
ユーザー専用アプリの画面がズラズラ、これがまた最悪。画面は相変わらず
小さめだし、ハングルのサポートは標準で付いていても日本語のサポートは
無いので日本語で文字が打てない。
日本語入力アプリを入れたらいいのでしょうけど、そんな元気も出ないまま、
「なにせ無料で手に入ったスマホだから仕方がない」ことにしてたのです。

ついにスマホ購入に踏み切る!

ですがスマホの本当の世界を知りたいという好奇心に勝てなくて、いろんな
商品が格安で手に入るサイト
に相談。ここでiPhoneという選択も考えたの
ですが自分の需要とそして価格を考えて、Androidで動く製品に決定。

もちろん購入前にAndroidで日本語が使えるか調査したのですがAndroidは今は
ずっと進化して入力だけではなく画面上の基本機能からほぼ世界中の言語に
設定可能です。もちろん後で別の言語にも変更可能。日本語スマホは止めて例えば
フランス語スマホあるいは英語仕様のスマホなどに変えることも一発でOKです。
これじゃ言語利用の面ではiPhoneとほぼ変わりないわ。

さすがGoogleですね。常に進化しているようでニューロン翻訳採用も始めたので
Googleのweb翻訳でも英日ならかなりまともな文章が出て来ます。
日本語が使えないとダメ、とiphoneにしなくても今のAndroidなら大丈夫でした。

今のスマホだと画面が大きい

さて購入の機種はSonyのXpedia、XA。後でメモリーカード増設も可能だとのことで
メモリ容量は小さいものにしました。うん、容量が違うと価格も違うのですよねえ。
Sonyはプリンタやカメラはさておき、その他のTVやPC、スマホ関連ではフランス
でまだ唯一頑張っている日本ブランド。製造地はコストの面などからおなじみの
中国なのですが、設計はやっぱりSony。

色もいろいろあるのです。このモデルのカラーラインナップはスタンダードな黒、
それからローズ、ライムイエロー、白。

クルマと同じでフランスではやっぱり白は人気がないようで、同じ機種でも白は
同じサイト内では価格は安めでした。
ごく普通に黒にしようと思ったのですが、<購入者の声>を読んでローズに決定。
ちょっときゃぴきゃぴしすぎで恥ずかしいかな?と思ってたのですが、
でも届いた箱を開けてみるとネットでみたローズピンクというよりもcuivre色
(銅のピンク)に近い色で、結構落ち着いた感じでした。きっとライムイエロー
も落ち着いたゴールドに近い色合いなのではないかと思います。

1クラス上の機種はもっと大きいのですが、あんまり大きくてもダメなので、
これの5インチの画面は携帯して持つにはぎりぎり許容範囲ですね。ご覧の通り
フランスで購入したもののすっかり日本語スマホになっています。

Googleのサービス利用に便利

iPhoneでアップルOSの機種を使ってもみたかった(パソコンではMACは価格が
違いすぎて手が出ない!)のですが、AndroidだとGoogleで使っているサービス、
Googleドライブとかスカイプより簡単に使えるハングオンなどが特に設定しなく
ても画面のアイコンからそのまま利用できるのでそれらに慣れている人なら断然
こっちの方がいいでしょう。

またAndroidは安価な機種も選択できます(機器自体の調子が悪くなりやすい
可能性は否定できないのでこれは自己責任)ので世界的に見ればAndroidユー
ザーの方が多いそうです。
なるほど国によっては物価にかなり差がありますよね。

スマホ買い替え時期は24ヶ月後???

スマホユーザーの平均機器買い替えサイクルは約2年とのことですが、スマホ本体と
月々の利用プランを抱き合わせにした契約をしている人たちでは多分その頃までに
なんらかのボーナスポイントが貯まって機種変更に使えるのを利用する人も多いの
でしょう。

しかし私のようにSIMだけ格安契約で機器自体は電話会社に関係なく汎用利用でき
るものを購入して飽きるまで使う人も今後さらに増えるのではないでしょうか。
機器本体とコミコミ販売での、お客を縛る商法を煙たがるユーザーも確実に多く、
それに昔はともかく今や携帯電話番号を鞍替え先の電話会社のラインで使い続け
ることも無料でできてしまいますので簡単に電話会社を乗り換えている人も
たくさん居るのです。

・・・さて当たり前ですが手に入れて間もないこのXPERIAはまだまだ機能全部を
理解知った訳ではありません。それに250ユーロもしたので2年で交換はしないと
は思いますが・・・。

IT・WEBサイト運営情報
カテゴリー別一覧
クイックシェア!
元パリジェンヌのセミひきこもり